インターネットで子犬をお探しの方へ

子犬売買に関するトラブル

インターネットからの子犬売買に関する多くのトラブルが発生しています。

  • 遠方のブリーダーから子犬を購入したが、写真(映像)と違う子犬が届いた。
  • 遠方のブリーダーから子犬を購入したが、写真より大きくなっていてイメージが違う子犬だった。
  • ブリーダーに見学に行ったが、写真とは全く違った子犬しかいなかった。
  • ブリーダーに見学に行ったが、執拗に売り込まれ、強引に買わされてしまった。
  • ブリーダーに見学に行ったが、イメージの子犬がいなかったため、購入しなかったところ毎日のようにしつこくセールスの電話が来て困っている。
  • 子犬の体重表記と実際の子犬の体重が大きく違っていた。
  • 親犬の体重表記があったが、親犬を見せてもらえなかった。
  • ブリーダーと思ったら、仕入販売のブローカーだった。

これらのトラブルを防ぐため、2013年9月に「動愛法」の大幅改正があり、子犬を見せない販売(通信販売)は全面的な禁止となりました。しかしまだ多くのブリーダーが業法違反と知りながら、通信販売を行っているのが現状です。

登録業種である動物取扱業者は、動物愛護や購入したお客様に対する責任が伴います。適切な飼育を行う事は当然ですが、お客様に対して、誤解のない表現や情報開示に努めなければなりません。
子犬を販売しているホームページの中には、子犬の写真を加工している例やブリーダー直販と記載しているにも拘らず、仲介業者であったり、ほんの一部を繁殖し、ほとんどを他のブリーダーからの委託販売を受けているケースなど、誤解を招く表現が氾濫しています。

これらの環境が、成犬時のサイズ予想に大幅な違いが生じたり、体重表記が過去のままで更新されておらず、誤解を生じさせるなど、体質や健康状態など正しいトレーサビリティーが実現されていない理由です。ペット先進国である、欧米諸国のほとんどの国がペットの展示販売を禁じています。ペットは、行政から貰い受けるかブリーダーから直接譲り受けるのが普通となっています。
また、ブリーダーの中にも誇大表現や体重、写真データーを改ざんして子犬の販売をしている例も見受けられ、常々業界のモラルを向上させる必要性を感じます。

癒しの存在であるペットを迎えることで、トラブルを招きストレスを感じたのでは、本末転倒といえます。ペットとのお付き合いは、十数年にもわたりかけがえのない存在となります。間違いの無い子犬選びは、まず、子犬の可愛らしさだけではなく、誠実な姿勢で取り組むブリーダーを選ぶことが、肝心であると思います。

お客様の厳しい目こそが、ペット業界のモラル向上につながるものであると歓迎したい思いです。
優良なブリーダーの選択基準は、「優良なブリーダーの条件」のコンテンツをご欄ください。素晴らしい伴侶となる子犬たちとの良き出会いがありますようにお祈りいたします。

といぷーはうすへのお問い合わせ
直通フリーダイヤル 0800-111-8611

☎ 直通フリーダイヤル

0800-111-8611

混雑の場合、携帯電話から折り返させて頂く場合がございます。

【関連人気記事】

子犬をみるトップページへのバナーモバイル用
子犬をみるトップページへのバナー