といぷーはうすの紹介ロゴ
誠実なブリーディング、親切な対応をこころがけております。トイプードル専門犬舎といぷーはうす
といぷーはうすロゴ

お知らせ

現在、いったんブリーディングを休止し、老朽化にともなう犬舎修繕作業に着手しております。

大変申し訳ございませんが、環境が整うまで当面、子犬の誕生予定をたてる事はできません。

何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

また、業者様の指定する工事内容によってはお電話が不通、または大変繋がりにくくなる場合がございます。

お問合せフォームよりメールでのお問合せをご検討いただけますと幸いです。

作業中は危険ですので、敷地内のお立ち入りもご遠慮下さい。

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。


トイプードル用語集

色素(肌色素)

トイプードルの場合、肌はピンク、鼻や目の周りは黒が基本となります。ブラウンカラーやカフェ・オレの場合は、焦げ茶色の鼻がスタンダードです。また、希少ですが、被毛の下の皮膚が、ダークスキン、ブラックスキンの場合もあります。
これらの色素を決める遺伝因子は、両親や隔世遺伝により先祖犬から継承します。健康の観点からは、鼻の色が多少薄い程度であれば問題はないといえるでしょう。
但し、ホワイトの場合、全身に色素が無いアルビノ犬である場合は、健康的なリスクが高まります。アルビノの特徴は、鼻やパットがピンク色である、瞳孔や虹彩の色がウサギのような赤目であるなどです。
 

お役立ち情報

皮膚組織の色、鼻やアイラインなどの色は、遺伝による影響が高い事はいうまでもありません。トイプードルの場合、鼻やアイラインのコントラストがハッキリしていると一層顔立ちが可愛らしくみえることから、質の高い子犬の要素の1つといえます。
皮膚色素の遺伝子は、毛色の濃淡とは関係なく、毛色がホワイトでも色素が真っ黒でハッキリしている方が良いとされます。
肌色素を濃くするため、レッドにブラックを交配するなどの考え方は間違いで、何の意味もありません。色素を濃くするためには、代々色素の強い同色を交配するのがセオリーです。