といぷーはうすの紹介ロゴ
誠実なブリーディング、親切な対応をこころがけております。トイプードル専門犬舎といぷーはうす
といぷーはうすロゴ

お知らせ

現在、全ての業務を休止し、老朽化にともなう犬舎修繕作業に着手しております。

何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

また、現在はフリーコールが繋がらなくなっております。

ご用件の方はお手数ですが、お問合せフォームよりメールにてお願い申し上げます。

作業中は危険ですので、敷地内のお立ち入りもご遠慮下さい。

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。


トイプードル用語集

虹彩

角膜と水晶体の間にある薄い膜で、明るさによって瞳孔の大きさを調整している器官です。瞳孔とその周囲の色がついている部分を指します。犬は、光彩が発達していることで、白目が少なく瞳孔が大きいことで、黒目勝ちの可愛らしい表情となっています。
先祖であるオオカミの虹彩は黄色ですが、犬の虹彩(目の色)は、ブラウン、ブルー、ブラウンとブルーが左右片方ずつの(バイ・アイ)片方の目の中にブラウンとブルーが混在している(パーティー・アイ)など、それに濃淡の違いも加わり多種多様です。トイプードルのほとんどは、ブラウンの虹彩を持っています。
 

お役立ち情報

虹彩の色は、メラニンの量で決まります。

ブラウン
最もメラニンが多い色

ヘーゼル
ブラウンとグリーンが混ざった薄茶色

ブルー
メラニンが少ない。日照が少ない地域の原産に多い色で成長と共に色が変わることもある

グリーン
メラニン色素の量は、ヘーゼルより少なく、ブルーより多い

グレー
ブルーよりややメラニン色素の量が多い

オオカミを先祖に持つ犬は、元来夜行性であったため、紫外線に弱いといわれています。一説には、犬に白内障が多いのは、紫外線による影響が大きいといわれています。犬は熱中症にもなり易いため、真夏の炎天下は、あまり向いていないといえます。日中、屋外で遊ばせる場合、紫外線のケアを考えてあげる必要がありそうです。