といぷーはうすの紹介ロゴ
誠実なブリーディング、親切な対応をこころがけております。トイプードル専門犬舎といぷーはうす
といぷーはうすロゴ

お知らせ

現在、いったんブリーディングを休止し、老朽化にともなう犬舎修繕作業に着手しております。

大変申し訳ございませんが、環境が整うまで当面、子犬の誕生予定をたてる事はできません。

何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

また、業者様の指定する工事内容によってはお電話が不通、または大変繋がりにくくなる場合がございます。

お問合せフォームよりメールでのお問合せをご検討いただけますと幸いです。

作業中は危険ですので、敷地内のお立ち入りもご遠慮下さい。

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。


トイプードル用語集

ケンネルコフ

ケンネルコフは、犬パラインフルエンザや犬アデノウイルスII型などのウイルス、気管支敗血症菌といった細菌などが、1種から複数種、感染することが原因で起こります。感染経路は接触感染や飛沫感染です。
咳や発熱などの症状が急に現れます。運動したり、興奮したりした時や気温・湿度の急な変化があった時に咳が多くなり、発作性の咳のため嘔吐のような様子がみられることがあります。ウイルスの単独感染では軽い症状の場合が多く、ほとんどは1週間~10日前後で回復しますが、ウイルスや細菌にも感染(混合感染)した重度の場合や、抵抗力や体力の少ない子犬や老犬が感染した場合には、食欲や元気がなくなり、高熱や膿のような鼻汁を出すようになります。
 

お役立ち情報

軽度の場合、多くは自然治癒しますが、少なくとも1週間程度は、咳がひどくならないよう興奮させたり、激しい運動を控え、安静にさせ、充分な栄養を与えます。合併症があったり、咳などの症状が強ければ、それに応じて抗生剤や鎮咳剤、気管支拡張剤などを投与して治療します。
ケンネルコフの原因となる主なウイルスに対してはワクチンが開発されているため、予防の1つとして子犬の頃からきちんとワクチン接種を行うことが大切です。