といぷーはうすの紹介ロゴ
誠実なブリーディング、親切な対応をこころがけております。トイプードル専門犬舎といぷーはうす
といぷーはうすロゴ

お知らせ

現在、全ての業務を休止し、老朽化にともなう犬舎修繕作業に着手しております。

何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

また、現在はフリーコールが繋がらなくなっております。

ご用件の方はお手数ですが、お問合せフォームよりメールにてお願い申し上げます。

作業中は危険ですので、敷地内のお立ち入りもご遠慮下さい。

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。


トイプードル用語集

嗅覚

犬にとって一番重要な感覚機能で、最も多くの情報を臭覚から得ています。人の臭細胞は約500万個といわれますが、犬の臭細胞は2億2000万個とわれ、能力は人のおよそ100万倍以上あると言われています。
人は、犬の嗅覚を活用し、狩猟や警察犬、麻薬犬などの探索、追跡ができる捜査犬として育ててきました。
犬は、匂いをかごうとする意思を持たなければ脳に情報を伝えることはなく、臭覚が優れているからといって嫌な臭いに悩まされることはありません。
また、犬が記憶したり追跡したりするときには、複数の匂いの混合臭で認識しています。
人間の汗の成分である塩分、尿酸、脂肪酸などの比率は、感情により微妙に変化しています。喜怒哀楽でそれぞれ違った匂いを発している訳です。犬はその違いを正確にかぎわけることができます。特に怒り、恐怖、不安、憎しみなどの強い感情に伴う匂いについては、敏感に反応する特性があることから警察犬としての活用が可能となっています。
飼主が怒っている、知らない人が自分(犬)を怖がっているなどの感情を匂いで判断している訳です。
人間が視覚により表情から感情を受け取るように犬にとっての臭覚は計り知れない情報を得る感覚器官なのです。
 

お役立ち情報

犬は、汗の成分から感情を察知できることから、飼主の嬉しい、怒っているなどの感情を敏感に察知します。
しつけの際、感情を犬に伝えることで、犬とのコミュニケーションを潤滑にすることが必要です。しつけの際は、本気で褒める、叱ること、犬が分かり易いようなオーバーアクションが上手なしつけのコツといえます。