といぷーはうすの紹介ロゴ
誠実なブリーディング、親切な対応をこころがけております。トイプードル専門犬舎といぷーはうす
といぷーはうすロゴ

お知らせ

現在、いったんブリーディングを休止し、老朽化にともなう犬舎修繕作業に着手しております。

大変申し訳ございませんが、環境が整うまで当面、子犬の誕生予定をたてる事はできません。

何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

また、業者様の指定する工事内容によってはお電話が不通、または大変繋がりにくくなる場合がございます。

お問合せフォームよりメールでのお問合せをご検討いただけますと幸いです。

作業中は危険ですので、敷地内のお立ち入りもご遠慮下さい。

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。


トイプードル用語集

寄生虫

寄生虫は、体の外部に寄生する「外部寄生虫」と、内部に寄生する「内部寄生虫」とに大別されます。外部寄生虫は、皮膚や被毛など体の外部に寄生する昆虫やダニといった寄生虫を指し、内部寄生虫は、体内に寄生する寄生虫をいいます。

≪代表的な外部寄生虫≫
・ノミ.
・アカラス
・マダニ
・耳疥癬
・疥癬
・ツメダニ
・シラミ
・ハジラミ
・肺ダニ

≪代表的な内部寄生虫≫
・回虫(線虫)
・鉤虫
・条虫
・糸状虫(フィラリア)
・胃虫
・気管寄生線虫
・肺虫
・毛細線虫
・旋毛虫
・肺吸虫
・糞線虫
・鞭虫
・バベシア属の原虫
・ランブル鞭毛虫(ジアルジア)
・コクシジウム
・トリコモナス原虫
・リーシュマニア原虫
・クリプトスポリジウム原虫

これらの寄生虫は、感染犬との接触や糞便を介した感染、飛沫感染あるいは、蚊やハエを媒介とした感染など様々な感染ルートがあります。

お役立ち情報

寄生虫は、体内に常在している場合もあり、病中、病後や加齢により免疫が下がることにより発症する場合もあります。また、単独の寄生虫による感染と感染による体力の低下が起因し、混合感染となることもあります。
治療は、駆虫薬(虫下し)を投薬しますが、それぞれの寄生虫に有効に働く成分に違いがあるため、必ず検便などの診察を受け、適切な薬剤を投与することが必要となります。
また、寄生虫によっては、腸内だけでなく、筋肉組織や血管組織などに寄生する例もあり、完全駆虫が困難な場合もあります。
散歩など日常生活の中で、完全に感染を防ぐことは困難であるため、定期駆虫や予防薬の投与、定期健診を行っておくことをお勧めします。