といぷーはうすの紹介ロゴ
誠実なブリーディング、親切な対応をこころがけております。トイプードル専門犬舎といぷーはうす
といぷーはうすロゴ

お知らせ

現在、いったんブリーディングを休止し、老朽化にともなう犬舎修繕作業に着手しております。

大変申し訳ございませんが、環境が整うまで当面、子犬の誕生予定をたてる事はできません。

何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

また、業者様の指定する工事内容によってはお電話が不通、または大変繋がりにくくなる場合がございます。

お問合せフォームよりメールでのお問合せをご検討いただけますと幸いです。

作業中は危険ですので、敷地内のお立ち入りもご遠慮下さい。

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。


トイプードル用語集

カーミング・シグナル <br>

犬が発するボディランゲージで、不要な争いを避けるために自分の立場や感情を相手に伝える際の非音声的言語を指します。「Calming=落ち着かせる」「Signal=信号」という意味です。ノルウェーの動物学者であるTurid Rugaasが提唱し、27種類のカーミングシグナルがあるといわれます。

お役立ち情報

≪カーミングシグナルの事例≫

あくびをする
主として高ぶった気持ちを抑えたり、相手の興奮をしずめるときに用いられます。ストレスや不快感を感じているときに出ることもあります。

口元や鼻先をなめる
自分の感情をしずめたり、相手の興奮を落ち着かせるときに用いられるものです。ヘビのようにすばやく出し入れする場合は、フリッキングともいいます。

顔や目線をそらす
相手に対して敵意を抱いていないことを伝えるときに用いられます。

円を描きながら近づく
相手に対して敵意を抱いていないことを伝えるときに用いられます。犬たちは、お互いに円を描くようにゆるやかに距離を縮め、相手に近づいていきます。

頭を振る
興奮した気持ちを落ち着けたり、不快感やストレスを表明するときに用いられます。

座ったり伏せたりする
興奮しすぎた自分の気持ちを抑えたり、逆に相手の興奮を鎮めたりするときに用いられます。

片方の尾前足を上げる
過剰な興奮を抑え込もうとするときに用いられます。

間に割り込む
近づく事を牽制するときによく用いられます。