トイプードルをご検討なら健康な育成を目指すブリーダーといぷーはうすへ
TEL:0800-111-8611 / ハローワンワンメールでのお問い合わせ

キュート・健康・しつけ易い

「クオリティ&ベストプライス」

トイプードルブリーダー【といぷーはうす - Toypoo House】

トイプードル用語集

ウイーディ

骨格が細く、標準より細く華奢に見える体形で未発育の体の状態をいいます。未熟児の場合にみられることがあります。
トイプードルは、小さければ小さいほど価値が上がる傾向があります。中には虚弱体質で子犬期からの飼育が難しく未熟児に近い状態の犬もいます。未熟児だった極小の親同士の交配により、不健康でもとにかく小さな子犬を産ませることに精を出すブリーダーが増えています。これらの虚弱な個体から生まれた子犬は、関節の奇形・心臓疾患・消化器系疾患・頭蓋骨の奇形・先天性知能障害など様々なリスクを抱え、多くの場合これらあの病気を発症します。
ティーカップサイズを選ぶ際にもっとも重要なのは、健康であるかということでしょう。十分な確認や獣医師の診断書などを確認し慎重に選ぶことをお勧めします。
 

お役立ち情報

犬の体型を表す基準にボディー・コンディション・スコア(BCS)の指標がありますが、スコアリングがBCS3(標準)の場合を標準とします。標準体型の判断は、「肋骨が薄い皮下脂肪で覆われていて、なでると骨がわかる。上から見た腰のくびれはゆるやかで、なでてみると骨がわかる。横から見るとウエストがゆるやかに細くなっている」かどうかを判断します。体脂肪率は、15~25%の範囲が適当といわれます。
豊かな被毛を得るためには十分な栄養素とる必要があるため、毛量の豊かな子犬は、十分な栄養素を摂取している目安となります。
 

トイプードル用語集、ウイーディ