トイプードルをご検討なら健康な育成を目指すブリーダーといぷーはうすへ
TEL:0800-111-8611 / ハローワンワンメールでのお問い合わせ

キュート・健康・しつけ易い

「クオリティ&ベストプライス」

トイプードルブリーダー【といぷーはうす - Toypoo House】

トイプードル用語集

犬伝染性肝炎

犬アデノウイルス1感染を原因とするイヌ科動物の感染症です。感染動物の糞尿、唾液を介して経口、経鼻的に感染が成立します。1歳以下の子犬や混合感染では致死率が高い傾向がありますが、成犬では不顕性感染を示すことが多いといえます。
症状として発熱、下痢、嘔吐、腹痛などがみられ、肝臓の腫脹が認められることもあります。
予防としては、多価ワクチン接種により弱毒性の生ワクチンを投与し、免疫を作ることがもっとも有効です。
犬伝染性肝炎の有効な治療薬はありません。そのためウイルス感染によってダメージを受けた肝臓の細胞が再生されるまでの間、支持療法としては点滴や輸血、食事療法などを行います。また、細菌感染による肺炎や腎盂腎炎といった二次感染を防ぐため抗生物質の投与が行われる場合もあります。
 

お役立ち情報

突然致死型
数時間前までは元気に過ごしていた子犬が急に腹痛をおこし12時間~24時間以内に死亡します。

不顕性型
感染しているにもかかわらず、何の症状も見せない状態のことです。免疫力が正常な成犬の多くはこのパターンを示します。

軽症型
食欲不振・鼻水・発熱(39℃)など軽微な症状を示します。

重症型
2~8日の潜伏期の後、元気が無くなる・鼻水・涙・40℃以上の高熱(4~6日)、食欲不振、下痢、嘔吐、水を大量に飲む、腹痛などがみられます。

回復期に目が前部ブドウ膜炎によって青白くにごりますが、これは一時的なもので通常は3週間以内に回復します。

トイプードル用語集、犬遺伝性肝炎