トイプードルをご検討なら健康な育成を目指すブリーダーといぷーはうすへ
TEL:0800-111-8611 / ハローワンワンメールでのお問い合わせ

キュート・健康・しつけ易い

「クオリティ&ベストプライス」

トイプードルブリーダー【といぷーはうす - Toypoo House】

トイプードル用語集

異系繁殖(アウトブリード)

家系や系統の違う犬同士の組み合せで行う繁殖を異系繁殖といいます。 通常は、5代祖までさかのぼって共通の祖先犬をもたない組み合せとされています。
雄、雌両方の系統から優性の遺伝影響を受ける事となり、得られた形質をインブリードによって強化固定するなどの手法がとられます。
繁殖目標が定まらない参入初期の段階に於いては系統に無関係に交配するこの繁殖形態が望ましいといえわれます。
系統の異なる動物間での雑種第1代では、体格や病気に対する耐性など、量的形質が加算的に働く事が知られているため行うブリーディングの技術です。
 

お役立ち情報

参入間もないブリーダーの場合、多方面から犬を買い付けて繁殖を始めることが多く、異系繁殖が中心となりやすいため、健康的なリスクは少なくなる傾向があります。一方、質的には、ばらつきが大きくなることから、成犬時のサイズやスタイルが予想外となることがあります。
一般的には、明確な理由がある場合、状況を見て慎重に行うブリーダーが多いようです。
参考:インブリード ラインブリード
 

トイプードル用語集、異系繁殖