トイプードルをご検討なら健康な育成を目指すブリーダーといぷーはうすへ
TEL:0800-111-8611 / ハローワンワンメールでのお問い合わせ

キュート・健康・しつけ易い

「クオリティ&ベストプライス」

トイプードルブリーダー【といぷーはうす - Toypoo House】

トイプードル用語集

アルファー・シンドローム(権勢症候群)

犬は、祖先のオオカミが群れで生活していた様に、飼主(家族)を群れと認識して生活をしています。群れの中で、犬はリーダー=アルファを必要とし、飼主がリーダーとなって犬を安心させる必要があります。しかし、飼育環境やしつけの仕方が正しくない場合、犬が序列を勘違いし自分がリーダーになってしまっている場合があり、これをアルファシンドローム(権勢症候群)といいます。
アルファシンドロームについては諸説あり、犬が序列の優位を目指すのは、自然な行動であることから、問題症状として取り上げる必要はないとの見解もあります。
 

お役立ち情報

ご家庭で犬を飼育する場合、ついつい可愛い愛犬を中心に考えてしまい、家族の誰より先に食事を与え、寝心地の良い居場所を用意してもらうなど自然界での優位者=リーダーの特権と同様の環境であることにより、勘違いさせてしまいます。これらの環境により犬は、自分が群れ(家族)のリーダーとしての責任に目覚め、外敵から群れを守るため、はじめての人に、吠えたり、威嚇したりするようになります。また、群れの秩序を維持する必要から、群れの下位者=家族に対し、優位を主張するため、不従順な行動をとるようになります。
犬の習性を理解し、適切な飼育環境に注意することで、予防することができます。
 

トイプードル用語集、アルファーシンドローム