トイプードルをご検討なら健康な育成を目指すブリーダーといぷーはうすへ
TEL:0800-111-8611 / ハローワンワンメールでのお問い合わせ

キュート・健康・しつけ易い

「クオリティ&ベストプライス」

トイプードルブリーダー【といぷーはうす - Toypoo House】

トイプードル用語集

アルビノ

先天的なメラニンの欠乏により色素を持たないため、毛や皮膚が真っ白い犬をいいます。非常に稀にしか生まれない珍しいのですが、鷹版犬はアルビノを犬種標準の毛色の一つとしています。
アルビノの外見特徴は、毛色などは通常純白で耳や腹部、肉球や鼻などの部分はピンク色をしていて、目は血管の色が見え、ルビーのように真っ赤な色をしています。
遺伝的に盲目であったり、弱視の個体が多く、場合によっては片方若しくは両眼が生まれつき小さかったり、無かったりする個体もいます。耳も難聴傾向にあり、耳が全く聞こえていない犬も少なくありません。
 

お役立ち情報

古来より神獣・聖獣として崇められ、古代エジプトではアルビノのチズムが生まれ、貴族に献上されたといわれています。チズムは日差しがとても苦手であったため、日傘を持ったり水を与えるための専属の召使がつけられていたとされるほど珍重されていました。
インドではアルビノのパリア犬はシヴァ神がカースト下位の者に変身したものという言い伝えがあり、とても大切にされ崇められています。
フランスでは1470年、ルイ11世に貧しい地主から真っ白い毛色のセント・ヒューバートのスイヤール号が献上されました。この犬は毛色が白いだけでなく目がルビーのように紅く、鼻がピンク色であったという言い伝えがあるため、アルビノであったのではないかという見方があります。
 

トイプードル用語集、アルビノ