トイプードルをご検討なら健康な育成を目指すブリーダーといぷーはうすへ
TEL:0800-111-8611 / ハローワンワンメールでのお問い合わせ

キュート・健康・しつけ易い

「クオリティ&ベストプライス」

トイプードルブリーダー【といぷーはうす - Toypoo House】

トイプードル用語集

アタッチメント

犬を仰向けに寝かせるなど、そのままじっとしていられるかどうかで服従本能を発達させるしつけの方法で、同時に犬の敏感な部分である口や耳、前足や爪などを触って、抵抗するかどうかを試し、飼主との主従関係が育まれているかを確認する行為。
抵抗しないようであれば、飼い主に服従しているしるしであり、抵抗するようであれば、まだ、主従関係が確立されていない為、主従関係を付けるためのしつけを進める必要があります。
 

お役立ち情報

ホールドスチール(束縛制止法)で、犬を後ろから抱くように座らせ拘束し、そのままじっとさせておくことで、服従本能を発達させるしつけの方法です。更に犬が落ち着いたら、口や耳、前足や爪などを触って、抵抗するかどうかを試します。
次に、犬を伏せの状態にして、マウンティングの要領で飼い主が上に乗ってしまうことで、犬を拘束します。落ち着いているようであれば、ここでもアタッチメントを行います。この時、犬に横にしてみて、お腹を見せて寝るようあれば服従のしるしです。ここでのポイントは、犬が暴れても決して離してはいけないということです。一度放してしまうと暴れれば放してもらえる=自分の方が力が強い、と勘違いさせてしまいます。この時抑えられ動くことができない=自分より強い事を認識させ、あきらめるまで続けることがポイントです。
 

トイプードル用語集、アタッチメント