トイプードルをご検討なら健康な育成を目指すブリーダーといぷーはうすへ
TEL:0800-111-8611 / ハローワンワンメールでのお問い合わせ

キュート・健康・しつけ易い

「クオリティ&ベストプライス」

トイプードルブリーダー【といぷーはうす - Toypoo House】

トイプードル用語集

アジリティー

アジリティーとは、指導手(飼主)と犬が息をピッタリ合わせて、コース上に置かれたハードル、トンネル、シーソーなどの障害物を定められた時間内に着実に、障害物をクリアしていく競技です。わかりやすく言えば犬の障害物競争です。
1978年にイギリスのクラフトショーでデモンストレーションとして公開されたのが初まりといわれていますが、現在ではヨーロッパを中心に世界各地で盛んに競技会が行われるようになっています。
日本では、一般社団法人ジャパンケネルクラブが1994年から競技会を開催しており、1996年以降は、日本代表選手を世界選手権大会に派遣しています。
 

お役立ち情報

犬の体高で、35cm未満をスモール、35cm以上43cm未満をミディアム、43cm以上をラージとして、3クラスに分類されます。競技は、障害物の設定を変えて行われ、ハードルの高さを変え、スモールは25~35cm、ミディアムは35~45cm、ラージは55~65cmの範囲で設定されます。
また、難易度及び旋回スピードの違いでアジリティー1度・2度・3度のコースが設定され、タッチ障害やテーブルを含むアジリティーと、含まないジャンピングに分かれます。
コースの長さは、100m~200mで15個以上20個以下の障害をクリアしなければならず、1度は最大3つのタッチ障害を使用し、2度・3度は、最大4つのタッチ障害を使用したコースとなり難易度があがります。
 

トイプードル用語集、アジリティー