感染予防

感染予防メイン

健康管理でもっとも大切なことは、病気の予防です。とりわけ感染症予防は重要となります。死亡率の高い伝染病から犬を守るには、混合ワクチン接種が有効です。生後に2~3回、成犬は、毎年1回接種しましょう。
※本コンテンツは、以下のサイトを参考に編集しています。

引用元「アクサダイレクト いぬと暮らすねこと暮らす」「日本獣医師会」他

混合ワクチン

接種時期、期間を正確に
子犬は生まれたときに母親の初乳を飲んで、移行抗体により免疫をもらいます。この免疫がある間は、ある程度、感染症の感染を防ぐことができますが、生後45日から150日(個体差)以降は免疫が低下し、感染症にかかりやすくなります。 生後50日、80日、110日のそれぞれの時期にワクチンを接種してください。

 
成犬は毎年1度ワクチンの継続接種
ワクチンには、法律で接種が義務づけられている「狂犬病を予防する」ものと、ジステンパーや犬パルボウィルス感染症などを予防する2~9種の「混合ワクチン」があります。
混合ワクチンを接種してできる免疫の効果は1年ほどで、その後免疫力は低下していきます。免疫を持続させるためには、毎年1回を目安にワクチンを追加接種しましょう。
また、下記の表にあるようにそれぞれのワクチンによって、対応する感染症の種類が異なります。市街地で飼育する場合は、5~6種、山や川など頻繁にアウトドアへ連れて行く場合は、8種以上をお勧めしています。

フィラリアの予防

ワクチンとは別に、フィラリア症の予防も忘れてはいけません。フィラリア症は犬の心臓や肺の血管に寄生虫が寄生し、体内で成長し様々な症状がでてきます。初めは症状があらわれず、やがて咳をしたり、血尿、腹水がたまるようになります。症状が進むと治療が難しくなります。
フィラリアは蚊が媒介しますから、蚊が飛来する初夏から秋にかけて6ヶ月間、月に1回予防薬を投与することで、完全に予防することができます。

現在でも年間30,000頭以上のフィラリア感染があります。感染すると治療が大がかりとなることがあるため、必ず予防を行うことをお勧めします。

フィラリア、のみ、ダニのペットの薬

寄生虫

寄生虫は、散歩時に屋外で感染することが多いのですが、他の動物が媒介する寄生虫が多く、犬や猫、その他の野生動物の活動範囲の地面は、寄生虫がいる可能性があります。猫の80%は寄生虫を持っているといわれています。従って、住宅周囲に猫がいる場合、地面に寄生虫や卵があり、そこを人が歩くことで、靴底に寄生虫を付けて家に持ち帰る場合もあります。
寄生虫の感染ルートは至るところにあるため、予防策としての定期駆虫(虫下し)をお勧めします。
また、ノミ、ダニは、お散歩途中に草むらなどから犬の体に飛び移るなどによって、感染します。春先になると活性化し、感染頻度が高まります。

ノミ、ダニが媒介となる寄生虫の2次感染のリスクも高まるため、感染防止の薬剤などで予め予防する必要があります。

【関連人気記事】

子犬をみるトップページへのバナーモバイル用
子犬をみるトップページへのバナー