飼育環境

飼育環境メイン

トイプードルをお迎えになる際、ペットの安全を考え、飼育に適した環境を整える必要があります。以下に主な環境整備について解説いたします。

飼育環境観葉植物

危険な物は置かない

犬は何でも口に入れ、かじる、なめるなどの習性があるため、危険なものや毒性のある物を届く場所に置かないようにする必要があります。 画鋲や釘、ボタン電池などの危険な金属類やタバコ、薬などの毒性があるものの管理は、開けられない場所にしまいましょう。

家電製品のコードは、かじられないようにカバーをつけるか、いたずらができないように準備しておきましょう。コードを囲う保護材は、ホームセンターなどで簡単に手に入ります。

また、大切な家具や家の柱などかじられては困るものも保護カバーを付けたり、収納するなどの工夫も考える必要があります。 新聞紙や雑誌などの紙を食べると腸閉塞や下痢の原因となることがありますので、注意が必要です。 観葉植物も種類によっては、犬にとって毒性があるものがありますので注意が必要です。(シクラメン、スイセン、ジャスミンなど)

飼育環境床

床はすべりにくくする

トイプードルは膝が弱いとされ(遺伝などによって変わります)、いつも滑る床を歩かせていると負担が掛かり脱臼の原因になることがあります。特に成長期の子犬は、軟骨も多く成長過程の環境が大きく影響します。滑りやすい床は、膝に不自然な負荷をかけ、正常な膝関節の発育を阻害する要因となりかねません。フローリングはすべりやすいため、可能な限りカーペットを敷いたり、すべり止めワックスをかけるなどといった配慮をしましょう。

飼育環境トイレの場所

ハウスとトイレの置き場所を決める

犬は生後3か月程度の場合で1日18時間、成犬でも1日12時間の睡眠が必要です。睡眠不足は、情緒不安定や疲労からの体調不良に繋がります。ハウスの設置場所は人通りが多い場所は避け、安心して休める静かな場所に設置しましょう。但し、温度変化が激しい場所(窓際や廊下など)は避け、温度管理がしやすい場所を選んでください。
トイレは、まずはケージの中で成功するかどうかを見ていきます。その後、トイレトレーニングを進めるにあたって、認識がしやすいところに置く必要があります。しつけができたら、廊下や洗面所などにおいが気にならない場所に移してもよいでしょう。

飼育環境段差

段差に上らせない

猫と違い犬は落下に弱い動物です。階段やソファー程度の段差から飛び降りても骨折することがあります。特に子犬は、危険認識が備わっていない為、後追いして高所から飛び降りることがあります。
出来る限り、ソファーやベッドなど高い場所へ登らせないように気を付ける必要があります。どうしてもの場合は、ソファー脇などにステップやスロープを設置し、それを経由することを覚えてもらいましょう。

また、階段は、足を滑らせることがあり、落下した場合、大けがをするだけでなく最悪は打ち所が悪く命に係わる場合があります。階段の上り下りができなくしておく方が賢明です。

【関連人気記事】

お迎えまでの流れバナー
オム化までの流れバナーモバイル用
子犬をみるトップページへのバナーモバイル用
子犬をみるトップページへのバナー