トイプードルをご検討なら健康な育成を目指すブリーダーといぷーはうすへ
TEL:0800-111-8611 / ハローワンワンメールでのお問い合わせ

【年中無休】

電話受付 9:00~21:00 見学時間 11:00~20:00

フードの与え方

ドッグフォードの画像
ドッグフードの画像モバイル用

トイプードルなどの小型犬は、大型犬ほど食欲旺盛ではないのが普通です。食欲は、体質や運動量、基礎代謝など消費カロリーにより大きく個体差があります。
一般的な消費カロリーと給餌量は以下の通りです。(目安)

 

給餌量の早見表
給餌量の早見表モバイル用

フード

成長期の子犬の場合は、体重の4~5%、成犬の場合は、2%程度を目安として、多動犬であれば少し多めに、おとなしい場合は少し少なめに与えます。月に1,2度体重を量り増減を見ながら量を調整して行きます。

子犬の場合、血糖値が低下しやすいため、生後4~5ヶ月程度までは、1日に3~4回程度(8~6時間おき)に分けて与えます。
完食させることが原則ですが、食べ残すこともあります。1食程度であれば食べ残しても問題はありませんが、長期的に食べ残して体重が減る(成長期の場合は増えない)ようであれば、食欲が出るような工夫をする必要があります。
体重に変化がない(成長期の場合は増えている)ようであれば、給餌量が適正といえます。
食べさせる工夫としては、以下のような方法を試してみると良いでしょう。

•好みのフードを探して与えてみる。
•粒の小さいフードに変えてみる。
•運動量を増やす。
•ドライフードであれば、少量のお湯をかけ良く混ぜて匂いを立たせる。
•ドライフードに匂いの強い缶詰のウエットフードを混ぜて与える。

離乳期の子犬の場合、ドライフードに慣れていないため食べないことがあります。
以下のような段階を追ってドライフードに慣れさせることが必要となります。


第1段階
フードミルで粉状に砕いたドライフードにお湯を加えやわらかいペースト状にする。(詳しい作り方は「レシピ」をご覧ください。)

粉末フードレシピバナー


第2段階
お湯を湿らせてふやかしたドライフードを与える。(詳しい作り方は「レシピ」をご覧ください。)

柔らかめふやかしレシピバナー


第3段階
 少量のお湯をかけ良く混ぜて匂いを立たせる。(詳しい作り方は「レシピ」をご覧ください。)

堅めふやかしレシピバナー


第4段階
ドライフードのみを与える。


与え方の注意

フードを食べている子犬の画像

小型犬の子犬ですから、大型犬と違い、よほどお腹が空いていない限りは「ご飯を置かれた瞬間に平らげる」ことはとても稀です。普段から遊び食いで時間をかけて完食します。

そのためインターネットでよく見かける、「食べなかったらすぐに片づけるしつけ」は、幼齢期の子犬には不向きです。

幼齢期の子犬は1日3~4食、時間をかけてでもたっぷり食べさせることが必要です。体作りはもちろん、将来の被毛の量や毛並みも幼少期の食事量が影響します。

子犬は人間の小さなお子様と同じですから、精神的に未熟で気まぐれです。いつその気になるかわからないのにすぐに食べないからといって片付けてばかりいたら、子犬はいつまでも食事を摂ることができず、最悪は低血糖で倒れてしまいかねません。

特にお留守番があるご家庭では、留守中にじゅうぶんな食事が摂れるよう、配慮してあげる必要があります。

自分から食べてくれない状態がずっと続いたら、必要なカロリーを確保するために、お口の中にご飯を直接入れてあげる「強制給餌」が必要になります。幼少期の食事、栄養の確保は、それほどに大事なことなのです。

強制給餌の前段階として、ふやかしたフードを手からあげて、食べたらとにかくおおげさに褒めてやる気を引き出すのもお勧めですが、やりすぎると手からもらうのが当たり前になってしまいますから、程ほどにします。

ティーカッププードルのような小さな子は成長もゆっくりなので、6カ月~1歳くらいまで食べたいだけあげていても、自由時間を設けて運動をしっかりさせていれば、肥満にはなりません。むしろ毛量が増し、見た目が変わってきます。

タイニープードルやトイサイズの子は、おおむね5ヵ月くらいまでしっかり食べたいだけ食べさせて、それ以降は時間を決めて、朝、晩2回というサイクルに切り替えても大丈夫ですが、その子の発育度合いにもよりますので、ご自分のワンちゃんのタイプをよく見極めてあげて下さい。


月齢だけで判断するむやみな食事制限はお勧めできません。

生後6か月になれば、だいぶ安定してきますので、しつけを実行するのもよいでしょう。

フード以外の食べ物

食材のイメージ画像フードの与え方
しつけの上でも、健康管理の上でも人間の食べ物は、極力あげないことが賢明です。特に以下の表の×印の物は犬にとっては毒性となりますので絶対に与えないでください。
犬に与えてもいい食材、危険な食材の表
犬に与えてもいい食材、危険な食材の表

下記の「犬に適した食べ物について」から、犬の食性についての解説がご覧いただけます。人間の食べ物を与えて、犬の健康を損なうことが無いよう、基本的な考え方を理解するためにお役立て下さい。

犬に適した食べ物バナーモバイル用
犬に適した食べ物バナー