トイプードルをご検討なら健康な育成を目指すブリーダーといぷーはうすへ
TEL:0800-111-8611 / ハローワンワンメールでのお問い合わせ

【年中無休】

電話受付 9:00~21:00 見学時間 11:00~20:00

ペットロス後の飼いはじめについて

長きに亘り共に生活してきたペットが亡くなることは、家族を失うことに匹敵する失望があることでしょう。新しくペットを迎えることを考えたとき「また同じ思いをしたくない。」「同じだけの愛情を感じられるか。」等、あれこれと深く考えてしまいがちとなることでしょう。失恋の痛手は新しい恋によって癒されるようにペットロスの傷は、新しいペットが癒してくれるものです。
深くペットを愛おしむことができた飼主様は、必ず新しい子にも深い愛情をかたむけることができる愛情豊かな方なのです。

ペットロスによって、ペットに癒しを頂き、ある意味では生活のハリとなっていた環境から、穴が開いたような空虚を感じるようになります。精神衛生上も良くない状態であり、ストレスや体の不調をきたす場合さえあります。
昨今の研究データから鬱に対するペットセラピーを実施した時、以下のような有効な効果が認められています。

 
・動物の愛くるしい姿による癒しの効果は言うまでもありませんが、ふわふわの柔らかい毛並みと温かい体温に触れる事は、血圧を下げリラックスでき、心理学においても有効とされています。

・ペットに起こされる事で、貴重な朝の太陽光を浴びる機会が増え、朝方の生活がセロトニンを増やすことにより、朝のつらい気分を改善させる効果が得られます。

・犬を散歩させることにより、『有酸素運動を続けたグループの90%に改善がみられ、再発率はわずかに8%』うつ病の治療法として理にかなった方法と言えるでしょう。

これらは、ほんの一例ですが、健常者にとっても精神衛生上あるいは健康上、様々な良い影響が期待できるように思えます。

ペットを愛することで、健全な生活を送るきっかけとなるなど、素晴らしい恵みを与えてくれる機会を再び取り戻していただきたいと願ってやみません。