トイプードルをご検討なら健康な育成を目指すブリーダーといぷーはうすへ
TEL:0800-111-8611 / ハローワンワンメールでのお問い合わせ

【年中無休】

電話受付 9:00~21:00 見学時間 11:00~20:00

留守がちな環境での飼育について

犬は、群れで生活する動物です。欲を言えば、多頭飼いすることで、寂しさが解消されるため、留守番の際、ストレスを感じにくくなるようです。環境が許すならば、多頭飼いをお勧めします。

もちろん多頭でなくても大丈夫ですが、お迎えしたばかりの子犬が寂しがって鳴くことを「無駄吠え」「問題行動」などとすぐに決めつけてしまわないようにしましょう。

お出掛けの際、人間がどれだけ気をつけて静かに身支度していても、犬は出掛けそうな雰囲気を察知したり、車の鍵を持つ、上着を着る、かばんを持つなどの日常を学習している為、すぐに気が付いてしまいます。その為、犬に全く気づかせず出かけるというのは、余程広い建物などでなければ物理的に言えば不可能に近いでしょう。

特にお迎えされて環境が変わった直後の子犬は、人間が視界からいなくなると不安でたまらず「どこにいくの!」「置いていかないで!」と一生懸命アピールします。

ひとりぼっちにされたくないという心理が働いているので、まずは、「出かけてしまっても必ず帰って来る」ということをわかってもらうことから始めていきます。

最近は、ケージに入れずにお留守番をさせる方が増えています。特に幼少期の子犬は骨や関節の発達を促すために適度な運動が不可欠なので、お留守番の最中ケージに何時間も閉じ込めてしまうと発育不良を招いたり後天的な膝蓋骨脱臼になったりと、悪影響が出ることが報告されています。

一方で、幼い子犬をフリーでお留守番させてしまうと、何かをかじったり、飲み込んだり、隙間に入りこんで出られなくなってしまったり、怪我のリスクも上がってしまいます。

そこでお勧めなのが、犬用品として売られている衝立を使い、ケージの周りを正方形、コの字、長方形などお部屋のレイアウトに適した形に囲み、遊戯スペースを作ってお留守番してもらう方法です。

子犬の「動きたい」「遊びたい」という欲求がある程度満たされる事でストレスを感じにくくなり、お留守番嫌いにしないで済むこと、何より、大きなケージを購入すれば常設なので部屋のスペースやレイアウトに左右されますが、この方法はケージのサイズはオーソドックスなサイズのままで、スペースだけを自在にを変えられるという点が最大のメリットです。

ケージにずっと入れておくと、排泄物を踏む確率もあがりますが、スペースがあれば回避できるので人間側にもメリットがあります。

ケージのドアは開けておきいつでも入れるようにした上で、食事、トイレ、ベッド、おもちゃなど必要なものを揃えておき、小さな子犬がおもちゃをくわえて動けるスペースがあればじゅうぶん機能します。

中には、留守の間は誰もいないのでできるだけ広く囲んで使ってもらい、帰宅したら縮小、あるいは衝立ごと片づけて一緒に過ごす方もいるようです。

この方法は、トイレトレーニングにも有効です。囲んだ中にトイレパネル、またはトイレマットを置き、的が絞れてきたらだんだん範囲を広げ、やがて部屋全体で出来るように導くオーソドックスな方法です。

帰宅後は、喜んで騒いでいる間は相手をしません。子犬が、「あれ?反応がないな?」とふと静かになったら、「お利口だね」と声をかけ、遊んであげます。騒げば遊んでもらえると学習させない為、一呼吸置くようにします。

一日お留守番を頑張った子犬ですから、たくさん褒めて、たくさん甘えさせてあげましょう。「帰ってきてくれた」「また会えた」喜びがお留守番のマイナスイメージより強くインプットされれば、出掛けてしまっても必ず帰ってきて褒めてくれることがわかり、またお留守番を頑張るようになってくれます。


<まとめ>

・留守番はケージに閉じ込めないでおく方が子犬の精神・身体ともにメリットが多い

・帰宅後は必ず短時間でもスキンシップとコミュニケーションをとると留守番嫌いになりにくい

・留守の間も立派なトレーニングタイム

・トイレの練習はある程度囲んだスペースからスタートするのがオーソドックスな方法

・インターネットの情報ばかりを鵜呑みにせず、まず子犬の不安な気持ちに寄り添ってあげましょう