トイプードル用語集

パテラ膝蓋骨脱臼

後ろ足の膝蓋骨(膝のお皿)は通常、膝関節の中央にあるべきなのですが、その正常な位置に収まらず外れてしまった状態が「膝頭骨脱臼」です。膝頭骨脱臼には、内側に外れる「内方脱臼」と外側に外れる「外方脱臼」があり、頻度として内方が多いと言われています。また、小型犬は「内方脱臼」、中・大型犬は「外方脱臼」が多いとされ、外方脱臼は股関節形成不全が見られる場合に発症頻度が高いと言われています。 この病気には、外傷性(後天性)と遺伝性(先天性)があり、外傷性(後天性)は打撲や落下といったことが主な原因になり、遺伝性(先天性)の場合は、出生時点から解剖学的な問題(膝関節の発育不全、膝関節周囲の筋肉や靭帯の異常)があるとされています。一度外れてしまっても自分で足を屈伸させて簡単に元に戻せる子もいれば、一過性の脱臼がみられるだけでその後めったに外れないこともあります。しかし、外れっぱなしになってしまったり痛みをともなったりして、うまく歩行ができなくなることもあります。急に後ろ足を不自然に持ち上げたままかばって歩いたり足を引きずる、触ると痛がるなど、このような症状が出た時には獣医師の診察を受けて下さい。

お役立ち情報

パテラ(膝蓋骨脱臼)はグレードⅠ~Ⅳまでの4段階評価
グレードⅠ 膝蓋骨は正常な位置にあり、膝蓋骨を押すと脱臼するけど指を戻すと治ります。
グレードⅡ 自発的に脱臼を起すしますが、手助けすると治る。ただし、年々骨は変形します。
グレードⅢ 日常生活で常に脱臼状態で戻してあげても直ぐにまた外れて歩行も困難になって行きます。
グレードⅣ 常に脱臼状態でついには修復不可能であるため、即外科的手術をしなければ手遅れになることもあります。