トイプードルをご検討なら健康な育成を目指すブリーダーといぷーはうすへ
TEL 0800-111-8611 ハローワンワンメールでのお問い合わせ

キュート・健康・しつけ易い

「クオリティ&ベストプライス」

トイプードル用語集

オーラルケア

3歳以上の80%が歯周病といわれています。犬は、虫歯になりにくいのですが、反対に歯槽膿漏や歯周病になり易いといわれます。
人間の歯は、平たい前歯と、ものを噛み潰す臼状の奥歯がありますが、犬の場合は、切歯と犬歯です。犬は、獲物に食らいつき、引き裂いてほとんど丸呑みの状態で食べる習性があるためです。自然界では、臼歯で良く咬んで味わう暇など無いため、合理的な構造になっているわけです。
現代の犬のほとんどは、ドッグフードを主食としていることによって、歯に食べかすがまとわりつき、歯垢となりほっておくと歯石として雑菌の温床となります。
歯周病は、歯とハグキの間に歯石がたまることがきっかけとなって起こります。歯石がたまると、それが原因となり、歯とハグキの間にすき間ができるようになります。すき間に歯周病菌が繁殖し、ハグキが炎症を起こしたものが歯周病です。 炎症がひどくなるにつれ、歯肉や歯槽骨が破壊されていきます。歯槽骨が破壊されると、歯は抜け落ちてしまうことになります。 早めに歯磨きをはじめてしっかりとしたオーラルケアをすることは、愛犬の健康寿命を延ばすためにとても重要となります。

お役立ち情報

歯周病菌は、ハグキを破壊するとともに、全身にも広がります。歯周病の炎症でハグキが破壊されることによりキズができます。キズから、歯周病菌は血管に入り込みます。
血管をとおって全身に広がった歯周病菌は、心臓や肺、肝臓、腎臓などの内臓に到達します。それらの内臓に炎症を起こすことになります。
腎不全や動脈硬化など、犬の多くの内臓疾患は、歯周病が一つの原因だと言われています。
20歳を超える長寿犬は、総じて歯周病が無く口の中が健康である傾向があります。
 

トイプードル用語集、オーラルケア