トイプードルをご検討なら健康な育成を目指すブリーダーといぷーはうすへ
TEL 0800-111-8611 ハローワンワンメールでのお問い合わせ

キュート・健康・しつけ易い

「クオリティ&ベストプライス」

トイプードル用語集

オークション (せり市)

出品された商品(犬)を複数業者間で競り落とすというものです2008年6月に公正取引委員会事務総局が公表した(犬・猫)の取引における表示に関する実態調査報告書によると、全国に少なくとも15のせり事業者が存在しており、そのうち株式会社が1社、有限会社が数社、その他は個人事業者とのことでした。
入札に参加する業者数は平均で300~400、大きいところでは1,000を超えるともいわれます。また、2008年度における犬の流通量に関しては、全国で約59万5,000頭が(出生)生産され、そのうちペットオークションへ55%(32万7,250頭)、通信販売・消費者へ25%(14万8,750頭)、小売業者へ17%(10万1,150頭)、卸売業者へ3%(1万7,850頭)が流通されたという内訳になっており、ペットショップなどを介して流通している犬の大多数が、オークションを経由しているという計算になります。
 

お役立ち情報

生産者(ブリーダー)から多数の犬が流れ込んでいるせり市・オークション市場では、免疫力が十分でない生後5~8週齢の子犬たちを売買するという関係上、病気を持った個体が紛れ込んでしまうこともあります。
環境省の調査資料によると以下のような問題点を指摘しています。

トレーサビリティー
落札者に対して繁殖者情報が与えられないため、トレーサビリティー(追跡確認)の確保が困難な点。

感染症
会場内で感染症にかかることがあり、感染症対策に特段の注意が必要な点。

感染個体の流通
病気をもった状態の動物が売買され、後の店頭販売等においてその旨を購入希望者に十分な説明がなされないまま販売されるおそれがある点。

また、オークション会場で売買される犬のうち40~44日齢が59%になっています。しかし40~44日齢は生後6~7週に相当し、これは子犬の性格を形成する上で極めて重要といわれる社会化期に重なるため、こうした重要な時期に母犬や兄弟姉妹犬から引き離し、環境の悪い中に連れ出してしまうことは、トラウマを形成して性格をゆがめてしまう可能性があると指摘されています。

トイプードル用語集、オークション