トイプードルをご検討なら健康な育成を目指すブリーダーといぷーはうすへ
TEL:0800-111-8611 / ハローワンワンメールでのお問い合わせ

キュート・健康・しつけ易い

「クオリティ&ベストプライス」

トイプードル用語集

遺伝性疾患

遺伝子は4種類の塩基(A・T・G・C)の配列によって決まります。この遺伝子配列が本来の配列と変わってしまうことを遺伝子変異と言います。遺伝子変異の原因は、塩基置換・欠失・挿入など様々なパターンがありますが、一箇所の遺伝子変異が起きただけで、重篤な遺伝病が発症することが少なくありません。これらの遺伝病は、一代で終わらずその変異型遺伝子を保有する親から子へと受け継がれていきます。
遺伝子検査では、特定の遺伝子変異を同定し、その疾患に対してノーマル、キャリア、アフェクテッドの可能性を判定することができます。但し、アフェクテッドと判定された犬が必ず発症をするわけではありませんし、ノーマルと判定された犬が未知の遺伝子変異やその他の要因等で疾患を発症する可能性もあります。
 

お役立ち情報

多くの遺伝病は、根本的な治療法が確立されていません。予防として正常な遺伝子を保有する繁殖犬によって、計画的な交配を行っていくことが何よりも大切になります。
繁殖に適した個体であるか否かの判定は、外見だけでは不可能です。遺伝病の変異遺伝子を生まれてくる子犬が継承する可能性があるかどうか、DNA検査によって調べることが必要になってきます。遺伝病のDNA検査を行うことで、生まれながらにして難治性の病気と闘う犬の産出を未然に防ぐことは、遺伝病の犬を減らしていくことに繋がります。
 

トイプードル用語集、遺伝性疾患