トイプードルをご検討なら健康な育成を目指すブリーダーといぷーはうすへ
TEL 0800-111-8611 ハローワンワンメールでのお問い合わせ

キュート・健康・しつけ易い

「クオリティ&ベストプライス」

万病予防!愛犬のデンタルケア

【犬の口内環境】


愛犬の健康寿命を延ばすために、歯槽膿漏や歯周病を予防することが、とても重要であるといわれています。犬も人間同様に口内環境の悪化により歯周病菌が繁殖することで様々な疾病の引き金となる事が分かっています。

口の中は、微生物、細菌などが最も多く存在している場所でもあり、あらゆる全身疾患と歯周病の関連性が近年の研究により指摘され始めています。歯周病との関連を挙げられているものには、呼吸器系疾患、心疾患、糖尿病や妊娠などがありますが、なかでも糖尿病との関連は深く糖尿病は歯周病を悪化させる大きな原因のひとつでもあるのです。

とりわけ犬の場合人間と比べ口内pHが大きく違うことで、歯周病になりやすい体質を持っています。pHは、酸性・アルカリ性の度合いを示す数値ですが、犬の口内はpH8.5〜9.0でアルカリ性であり、人は、pH6.5〜7.0で弱酸性です。虫歯は、酸性の口内環境である場、虫歯菌が口内で炭水化物(糖質)を発酵させて酸を作り、それが歯の表面の組織を破壊していきます。犬の場合、口内がアルカリ性のため、虫歯菌が繁殖しにくいとされます。人の唾液には食べ物のデンプンを糖に分解する酵素がありますが、犬にはこの酵素がないため、口の中に糖が留まり難く、さらに、人の歯の多くは臼歯であり、くぼみに虫歯菌がたまります。一方、犬の歯は、とがった裂肉歯であることから虫歯菌がたまりにくいといえます。

反対に、犬の口内pHがあるアルカリ性であることから、歯周病菌が繁殖しやすい環境であるといえます。


【歯周病とは】


歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届いていないと、そこに歯垢の蓄積や歯石ができ歯肉の辺縁が炎症を帯びたり、腫れたりします。

進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶け、歯が動くようになり、最後は抜落ちてしまいます。

口の中にはおよそ300~500種類の細菌が住んでいます。ケアが充分でないと細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面に付着します。これを歯垢(プラーク)といいます。歯垢1mg中には10億個の細菌が住みついているといわれます。

歯垢の中の細菌によって歯肉に炎症をひき起こし、やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のことで、結果的に歯を失う原因となり、更には、他の疾病の原因となって体をむしばんでいきます。

歯垢は、おおむね3日程度で硬くなり、歯石と言われる物質に変化し、歯の表面に強固に付着します。 こうなってしまうとブラッシングだけでは取り除くことができません。この歯石に細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。


【歯周病の予防と治療】


 最も望ましいケアは、生後8ヶ月前後の永久歯に生え変わる頃から、毎日のブラッシングを習慣化することといえます。正しい歯ブラシの方法を毎日実行することで歯の表面に歯垢のない清潔な状態にしておく事が何よりも大切です。

年齢が進み既に歯石が付いてしまった場合は、動物病院で歯石を取り除いてもらうことをお勧めします。只、動物病院で施術する際は、全身麻酔によるリスクがあるため、6歳未満の若い内に行う事が望ましいでしょう。

高齢犬の場合は、無麻酔の歯石除去を行っているサロンなどを探してみることをお勧めします。

 石を除去することで、口内環境を改善するきっかけとはなりますが、その後の継続したデンタルケアを怠ってしまうとすぐに歯石が付着してしまいます。愛犬をいつまでも健康に保つためには、毎日のケアが重要です。

口の中は、敏感な部分であるため、触られることを嫌がることが多いため、犬が好むフレーバーのついたデンタルペーストを使う、あるいは指サック状の刺激が少ない用具を使うなど、また、トラウマにならないように最初は1分程度の短時間で行うなど少しずつ習慣化させるための工夫が必要な場合もあります。

歯周病が原因となり、心不全や糖尿病で若くして亡くなる犬も多く、デンタルケアを習慣化させるまで多少抵抗する愛犬でも根気強く習慣化させることが、愛犬の健康を維持するためにはとても重要です。


20150626190939

◆愛犬マタニティーセンター◆
とは?

お客様の愛犬と、といぷーはうすの可愛いパパ犬との赤ちゃんを誕生させたい方のために作りました(※有料となります)

もう1頭トイプードルがほしいけれど、せっかく迎えるなら愛犬が生んだ孫プードルちゃんを抱いてみたい!というたくさんの声を受けて誕生しています。

※交配は血統証をお持ちのトイプードルに限りお受けしております。
他犬種との交配はは行っておりませんので予めご了承下さい。

トイプードル専門犬舎ならではの専門技術と着床率で愛犬にとって安心安全な上、交配は第三者に任せることなく全てといぷーはうすの犬舎内で完結しますので、オーナー様にも安心です。

出産というデリケートなイベントだからこそ、トイプードル一筋のといぷーはうすにお任せ下さい。


といぷーはうすの看板犬ルイ、アンリ、プリンスなどのとってもキュートなマイクロティーカッププードルのパパがずらりお出迎え致しますので、その中からお好みのワンちゃんを選んで頂けます。

​パパたちは毎日といぷーはうすの犬舎で一緒に過ごしている完全な自社所有ですので、一緒に過ごしているからこそ分かる身体的特徴や遺伝要素、性格、過去の子犬の容姿傾向など、細やかなアドバイスが可能です。

また、いつでも犬舎にお越しいただき、会って頂くことが可能です。


愛犬の赤ちゃんをお考えの方はコチラから↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓​