子犬の査定価格〇わかり!

子犬を迎える際、あれこれとイメージを膨らませ、可愛い子犬たちに目移りしながら悩むのも楽しみの一つですが、チョット気になるのは、子犬の価格ってどうやって決めているの?そんな疑問を持った方も少なくないことでしょう。

プロが教える子犬査定の秘密を知ることで、コスパの高い子犬をGETできるかもしれません。

ペットの流通

ペット(犬)の80%程度がペットショップからご家庭に迎えられています。ブリーダーから直接譲り受けるケースは、20%以下となります。

トイプードルの場合も同様であることから、市場の大多数を占めるペットショップが価格相場をリードしているのが実状です。通常のペットショップでは、自社で繁殖を行わずブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて店頭で販売しています。また、犬のオークション(せり市)から仕入れをしているペットショップも多数存在します。多くのペットショップが成立するほど莫大な頭数に相当するオークションへの出展や卸売りをしているブリーダーも数多く存在していることになります。

多くの場合ブリーダーは、お客様へお譲りする販路を持っていないため、これらの流通を介して犬を販売することを主に経営しています。

子犬のレベルにより変動はありますが、ペットショップの仕入れ価格は、おおむね5万円~7万円程度が多いようです。オークションの場合は更に低価格となり、通常でも3万円前後、出展頭数が多い場合は、1万円を切ることもあります。

このような低価格での卸売がブリーダーの飼育コストを圧迫し、医療費や良質な親犬の確保など十分な飼育コストが掛けられないため、質に問題がある子犬が流通してしまうなど、弊害の温床であるとも言われています。

販売価格の査定

犬の生体市場の80%を占めるペットショップの査定価格が、各犬種の価格の変動に大きく影響を与えています。人気の犬種で供給量に比べ需要が大きければ、価格は高騰して行きます。反対に供給量がダブついていれば価格は低下します。このような需要と供給の状況を見ながら犬の販売価格は、緩やかに変動しています。トイプードルの場合、2015年現在では、供給量が不足する傾向が続き、仕入れ価格の値上がりにより価格はやや高騰しています。

また、ペットショップでは、ブリーダーとは異なり飼育の専門家が不在であるため、体力の弱い個体が一定割合で死亡するなどのロスが価格に反映しています。

犬種により質の評価や価値基準が異なりますが、トイプードルの場合おおむね以下(表①)のような基準で査定することが一般的です。

これらの基準では、各項目の条件が整うほど高額になります。従って、子犬選びの際、より完璧な個体を求める場合は、相応の予算が必要になります。

質の違い

犬の質とは、生命体としての優位性を評価する健康状態の観点と美観を評価する2つの観点で評価します。ペットを迎える上で前者は、とても重要な要素であり、健康にリスクがある個体は、病気の発症リスクが高いことから、子犬選びの際、慎重な選定が必要となります。

後者は、人間が犬をペットとしてみた場合の愛らしさや美しさといった観点であり、生物学的な優劣ではありません。飼い主の嗜好が集まる、いわゆる人気のタイプであれば需要が高く高額となります。

トイプードルの場合でいうと最多価格帯は、各ショップやブリーダーの評価基準に、バラツキがあるため、一つの目安としては25万円~30万円といったところでしょう。これよりも低価格ならば評価基準が低い、高額ならば評価が高いと考えるのも一つの判断の目安とはなります。

ペットショップやブリーダーも事業体であるため、評価が高い人気タイプの個体を理由なく低価格で販売することはありません。低価格にする理由があるからこそ低価格となっている訳です。

個々のペットショップやブリーダーの経営方針によって扱う子犬の質にも大きな違いが生じます。とにかく安い個体を大量に販売する方針やコストをかけても質の高い子犬を生み出すことに注力しているなど様々です。以下の図(グラフ①)にポジショニングを記載しました。お目当ての子犬を探すには、どこに行けばいいかの参考としてください。

といぷーはうすの方針

グラフ①の通り、といぷーはうすの方針は、質の高い子犬を出生させるため、良質な両親犬を保有し、できる限り子犬の幼少期の環境を整備することで、質が高く飼い易い性格の子犬をご提供するしています。また、自社繁殖であることから、中間マージンが発生しないため、高級店と比べリーズナブルな価格査定をしています。

只、飼育コストが通常の2倍以上かけている点、多産系の大型な母犬を採用していない点から、最安値を追及するのではなく、安心してお迎え頂ける特別な子犬を提供させて頂いております。