トイプードルをご検討なら健康な育成を目指すブリーダーといぷーはうすへ
TEL 0800-111-8611 ハローワンワンメールでのお問い合わせ

キュート・健康・しつけ易い

「クオリティ&ベストプライス」

トイプードルをご検討ならといぷーはうす
TEL 0800-111-8611 ハローワンワンメールでのお問い合わせ

ティーカッププードルとは

正統派ティーカッププードルは、丈夫で健康です。

ティーカッププードルの定義

ティーカッププードルの起源は、2000年当時アメリカのあるペット雑誌の企画で、ティーカップに生後1か月程度のトイプードルを入れた写真が掲載され、話題を呼んだ事から〝Teacup Poodle”との表現が始まりといわれています。
成犬になって、ティーカップに入ってしまうほど小さなプードルは存在しませんが、とても小さいことの比喩として小型のトイプードルをティーカッププードと表現することが定着してきました。
現在の日本では、ティーカッププードルのサイズに関する一般的な目安は、成犬になった時点で、体重が2㎏または1.8㎏以下のトイプードルを指す俗称として使われています。
但し、痩せている子も太っている子もいるため、体重で個体の大きさを表現するのはあまり合理的とは言えません。人間でいうMBI(肥満度)に相当する犬の指数にBCS(ボディ・コンディション・スコア)があります。BCSの基準で非常に痩せている場合は1、非常に太っている場合は5として評価し、標準的な体形を3としています。
従って、ティーカッププードルが体重で評価されるならば、BCS3の場合に限るのが正しい評価ということになります。

ティーカッププードルは、本当に体が弱いの?

ティーカッププードルは、病弱、虚弱などといわれることがありますが、同じティーカッププードルの中にも健康なティーカッププードルと虚弱なティーカッププードルが混在しています。
只、この違いには、極めて明確な理由があります。
体の弱いティーカッププードルが、存在するのは、出生時にとても小さな未熟児で生まれ、自然界では淘汰されてしまうほどの虚弱な個体を人の手によって、どうにか一命を取り留めたケースや生まれ持った虚弱体質、成長不全など先天的に病弱な要素を持って生まれたことで、本来の遺伝的な体格にまで成長できなかった為、結果的に小柄になってしまった場合などが考えられます。
これらの病弱なティーカッププードルは、両親や先祖犬の体格が大きいことから、健康に問題がなければ、遺伝により先祖犬と同等の体格に成長するはずです。一つの目安として、両親犬のサイズの中間的になるケースが普通であることから、両親や代々の先祖犬がティーカップサイズではない場合、健康的なリスクに十分な注意が必要となります。
一方、健康なティーカッププードルは、両親犬や代々の先祖犬が小柄で、その遺伝的な要素を受け継いだことによる小柄なティーカッププードルであり、未熟児や先天性な問題を持たない為、通常サイズのトイプードルと変わらない丈夫な体を持っています。
健康なティーカッププードルは、体の大きい子犬と同じように駆け回り、大きい子にも負けないでじゃれ合う気力があります。
健康なティーカッププードルであれば、決して病弱や虚弱体質ではありません。

健康なティーカッププードルの両親犬や先祖犬の条件

当然のことですが、健康なティーカッププードルは、健康な両親の小柄な遺伝因子を正しく受け継ぐことが条件となります。
人間の場合も小柄な体格でも、とても健康な方がいるように、トイプードルの場合であっても小柄で健康なティーカッププードルは存在します。健康で丈夫なティーカッププードルを生み出すためには、代々の家系が小柄であり、健康である両親犬を選定することが、必須条件となります。もちろんPRAやひざ関節のグレードを持っていないことも重要です。
また、遺伝には、直接両親から受け継ぐ遺伝的要素と隔世遺伝があります。子犬はこれら何世代もの遺伝的要素を受け継ぎます。従って、両親犬と同様に3世代程度の先祖犬についても、先天的なな問題となる遺伝子が発現していない、健康なティーカッププードルであることが望ましいといえます。
サイズについても隔世遺伝の影響を受けるため、代々小柄な家系であれば、子犬が受け継ぎ小柄となることで、丈夫なティーカップサイズとなるわけです。

健康なティーカップサイズの見分け方

病弱なティーカッププードルを迎えてしまった場合、愛犬の体調がすぐれず、飼い主の心労や世話の苦労も計り知れません。動物医療は自由診療であるため、時には治療に数十万、数百万の医療費がかかることもあり得ます。癒しであるはずの愛犬がストレスや気苦労の元となっては身も蓋もありません。
ティーカッププードルは、小さく儚げな姿やいつまでも変わることのない子犬のような可愛らしさが魅力です。健康なティーカッププードルに出会うことができれば、自慢のわが子となることでしょう。

ティーカッププードルの子犬を選ぶ際のポイントをご紹介します。

①元気に飛び回り、大きな子犬と果敢にじゃれ合っていること。
元気に飛び回れることは、運動に必要な体力やエネルギーがあることを意味し、大きな子に負けずにじゃれ合っていることは、気力もあることを意味します。

②抱き上げた時、見た目よりもズシリとした重さを感じる子犬であること。
心無いショップや繁殖者は、大型のトイプードルは、低価格となる傾向から、給餌量を制限して成長を抑えている場合があります。
ティーカッププードルは、体重よりもその体長や体高といった、骨格の大きさが小さいことが重要です。痩せているため軽い体重である場合、十分な栄養を与えた途端みるみると大きくなってしまうことがあります。また、日ごろから十分な栄養をとれていないために、発育不全を起こしている場合があり、健康上のリスクを伴います。
ズシリと重たい子犬は、十分な栄養を摂取しても骨格が大きくならない素養があることがわかり、十分な栄養が行き届いている目安となります。

③毛量が豊かであること。
すべての生物は、摂取した栄養素の消費は生存本能によって生命維持に重要な部位に優先して送られます。被毛は直接的に生命維持に関わる部位ではないため、優先順位が低いといえます。
優先順位が低い被毛が豊かであるということは、栄養状態が良く、細部にまで行き届いて、豊かな毛量が育毛されていることになります。従って、毛量の豊かな子犬は、給餌制限をしていない一つの目安となります。

④両親や先祖犬が健康なティーカッププードルであること。
両親のいずれかが、代々にわたり小柄な遺伝因子を継承している、正統なティーカッププードルである必要があります。
また、先祖犬が先天性疾患や欠点がない健康な血脈のティーカッププードルであることが大切です。
遺伝により体格や体質、体力、免疫力といった健康的要素が大きく影響するため、先祖犬の質が最も重要となります。

生き物である以上100%の確実性はありませんが、ティーカッププードルの子犬を選ぶ際、これらの状況をよく確認することで、健康で丈夫なティーカッププードルを迎えられる可能性は確実に高まります。

といぷーはうすのティーカッププードルは、これらの条件をクリアした正統なティーカッププードルをご提供しております。オーナーの皆様のご家族となる愛犬を、健全なコンディションでお迎え頂けます様、できる限りの対策を実施しております。

ティーカッププードルについての正しい知識

20150626190939

◆愛犬マタニティーセンター◆
とは?

お客様の愛犬と、といぷーはうすの可愛いパパ犬との赤ちゃんを誕生させたい方のために作りました(※有料となります)

もう1頭トイプードルがほしいけれど、せっかく迎えるなら愛犬が生んだ孫プードルちゃんを抱いてみたい!というたくさんの声を受けて誕生しています。

※交配は血統証をお持ちのトイプードルに限りお受けしております。
他犬種との交配はは行っておりませんので予めご了承下さい。

トイプードル専門犬舎ならではの専門技術と着床率で愛犬にとって安心安全な上、交配は第三者に任せることなく全てといぷーはうすの犬舎内で完結しますので、オーナー様にも安心です。

出産というデリケートなイベントだからこそ、トイプードル一筋のといぷーはうすにお任せ下さい。


といぷーはうすの看板犬ルイ、アンリ、プリンスなどのとってもキュートなマイクロティーカッププードルのパパがずらりお出迎え致しますので、その中からお好みのワンちゃんを選んで頂けます。

​パパたちは毎日といぷーはうすの犬舎で一緒に過ごしている完全な自社所有ですので、一緒に過ごしているからこそ分かる身体的特徴や遺伝要素、性格、過去の子犬の容姿傾向など、細やかなアドバイスが可能です。

また、いつでも犬舎にお越しいただき、会って頂くことが可能です。


愛犬の赤ちゃんをお考えの方はコチラから↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓​