トイプードルをご検討なら健康な育成を目指すブリーダーといぷーはうすへ
TEL 0800-111-8611 ハローワンワンメールでのお問い合わせ

トイプードルをご検討ならといぷーはうす
TEL 0800-111-8611 ハローワンワンメールでのお問い合わせ

準備と飼育用品

室内犬は、決まった居住スペースを確保したり、トイレのしつけのための場所を用意するなど、飼い始めの準備が必要です。
以下に最低限必要な用具を記載します。
 

ケージ・サークル

決まった場所でハウスを使うようにさせると犬も安心して落ち着きます。犬の成長を考え、適正なサイズを選びましょう。
標準的なトイプードルの場合、ゲージなら、おおむね、幅800~900㎜×奥行400~500㎜×高さ600~700㎜以上が適当でしょう。

サークルの場合は、スペースが許せば、大きめでも問題ありませんが、4㎏以上に成長した場合、元気がいいとサークルから飛び出す場合があります。サークルの高さは、800㎜以上の高さか屋根のあるものが望ましいでしょう。

また、大きめのサークルの場合は、ハウスを置いてあげた方が落ち着きます。犬の祖先は巣穴で生活していたため、狭い場所や覆われた場所を好み、安心できる性質があります。そのため、野外で狩りをして巣穴に戻り休息する自然の環境に近い状態にすることが、安心できる住まいとなるのです。

ベッド

ペット用のベッドは、トイレトレーニングが済んでからの方が望ましいでしょう。お迎え当初は、トイレを失敗する事を前提にサークルの中にタオルやブランケットのような洗えるものを入れておくと良いでしょう。

トレーニングができてからケージに収めて下さい。大き過ぎず、ケージの半面に収まるサイズの物を選択します。大抵のベッドは手洗いができるものが多いので、定期的に洗い、清潔な状態を保つようにします。子犬の頃は、誤って、ベッドに排泄してしまうことがあります。その上に寝転んで被毛を汚してしまうことが無いように管理してください。


食器・給水器

食事用と飲み水用の2種類が必要です。ステンレス製とプラスチック製がありますが、衛生面では、プラスチック製よりステンレス製がおすすめです。給水器はゲージに取り付けるノズルタイプのものや、循環式のものなども売られていますので、好みや環境によって選ぶとよいでしょう。子犬の頃は、ケージ内でも動き回るので、食器タイプの水飲みは、足を入れたり、こぼしたりすることがあります。2ヶ月未満の子犬は体温調節機能が未発達なため、濡れたまま長時間置かれた場合、低温症を起こす恐れがありますので、注意が必要です。

食器は、雑菌の繁殖を防ぐため、使い終わった都度きれいに洗浄してください。洗浄は中性洗剤や塩素系漂白剤を使って滅菌します。但し、洗剤などのすすぎ残しがあると下痢の原因となるため念入りに洗い流してください。
また、食べ終わった食器をおもちゃにして遊ぶこともあるため、咥えて持ち歩けない安定感のあるものが良いでしょう。


トイレトレー・トイレシート

一定の場所にトイレを置き、中にトイレシートを敷いておきます。汚れたらまめにとりかえて、いつも清潔にしておきましょう。トイレシートは布製のものと使い捨ての紙製のものがありますので、使いやすいものを選択してください。

トイレは、最初にトレーニングする大切なアイテムです。犬がいつでも使える環境においてあげることを想定して大きさを選択してください。ケージ内や遊ばせるスペースに複数個所にトイレを置いておくことも早くトイレを覚えさせるうえでは有効です。 良く、自分のにおいのついたトイレシートを敷いておく方がトイレを早く覚えるという説を聞きますが、幼齢期のうちは臭覚が未発達で、匂いをたどる行動はしません。むしろ自然界では巣に自分のにおいが付くと外敵に襲われることがあるため、巣穴の外の不特定の場所で排泄する習性から、トイレはきれいな状態を好むのといわれています。 衛生的にもトイレはいつもきれいにしておいてあげて下さい。

オモチャ

人間の子どもと同様に子犬にも遊び道具が欠かせません。引っ張ったり、かじったりしても簡単にこわれず、切れ端を飲み込む心配のないものを用意しましょう。

生後8か月前後に乳歯が抜け、永久歯に生え変わります。この頃になると抜けた歯が床に落ちていることがあります。抜け替わりの時期はおもちゃを咬みたがり、咬むことによって乳歯が抜けるため、おもちゃを与えることが望ましいでしょう。ストレスの緩和にもつながります。 おもちゃなどの咬んでも良いものを与えてないと手近なものを咬んで傷つけることもあります。

ブラシ・スリッカー・コーム

ブラッシングは被毛の手入れに欠かせません。根元から毛先までブラシでとかします。抜け毛を除くのがスリッカーです。短毛種の犬にも使います。そして最後にコームで被毛全体を整えます。トイプードルは巻き毛であることが多く、放っておくと毛が絡み合い毛玉になってしまいます。毛玉になると少々梳かしてもなかなかほぐれず、カットしなければならなくなります。トリミングに出すときも毛玉が多いと追加料金を請求されることがあります。

グルーミングは、信頼関係を気づくため、飼主様とのコミュニケーションとしても重要で、グルーミングの時に体のあちこちをチェックし、皮膚の異常や触って痛がるところなどを発見できることから日々のケアは大変重要となります。

シャンプー・コンディショナー

犬の地肌には常に皮脂が分泌しています。月に1回はシャンプーしてください。犬用シャンプーを2~15倍に薄めて使います。(商品の取扱説明を参照)仕上げは薄めたリンスを使うと毛艶が良くなり絡みにくくなります。

人間用のシャンプーは犬の肌に合わない事や犬にとっての有害物質が含まれていることがあります。必ず犬用のものを使用してください。
最近では、毛艶を良くしたり毛玉を防止するためのトリートメントやパックなど数多くの商品が売られています。シャンプーもアミノ酸系の高価なものやフレグランスのバリエーションなど多種多様です。お好みのものを選択してください。

犬の体質によりアトピー性皮膚炎や皮膚がデリケートな場合は、刺激の少ない薬用シャンプーを選択してください。 また、子犬のうちは、あまり頻繁なシャンプーは体力を消耗します。1週間に1回以上のシャンプーは体力を見ながら慎重に判断して行って下さい。

首輪・リード

外へ出かけるときは、必ず首輪やハーネスにしてリードをつけます。首輪は子犬の成長に合わせて何度か調節しながら、体に合った大きさを選びます。デザイン、素材により価格も様々ですが、一部の製品には強度が無いなど、粗雑なものもあります。 ​

リードの長さは、いつも遊ばせる環境によって選ぶと良いでしょう。広いところで遊ばせる場合、伸縮性のものもあります。 外で遊ばせる際には、しっかりコントロールできるようにしつけるまでは、リードをはずさない方が賢明です。突然、何かを追いかけて道路へ飛び出すなど不測の事態を避けることを念頭に入れておきましょう。


準備と飼育用品

20150626190939

◆愛犬マタニティーセンター◆
とは?

お客様の愛犬と、といぷーはうすの可愛いパパ犬との赤ちゃんを誕生させたい方のために作りました(※有料となります)

もう1頭トイプードルがほしいけれど、せっかく迎えるなら愛犬が生んだ孫プードルちゃんを抱いてみたい!というたくさんの声を受けて誕生しています。

※交配は血統証をお持ちのトイプードルに限りお受けしております。
他犬種との交配はは行っておりませんので予めご了承下さい。

トイプードル専門犬舎ならではの専門技術と着床率で愛犬にとって安心安全な上、交配は第三者に任せることなく全てといぷーはうすの犬舎内で完結しますので、オーナー様にも安心です。

出産というデリケートなイベントだからこそ、トイプードル一筋のといぷーはうすにお任せ下さい。


といぷーはうすの看板犬ルイ、アンリ、プリンスなどのとってもキュートなマイクロティーカッププードルのパパがずらりお出迎え致しますので、その中からお好みのワンちゃんを選んで頂けます。

​パパたちは毎日といぷーはうすの犬舎で一緒に過ごしている完全な自社所有ですので、一緒に過ごしているからこそ分かる身体的特徴や遺伝要素、性格、過去の子犬の容姿傾向など、細やかなアドバイスが可能です。

また、いつでも犬舎にお越しいただき、会って頂くことが可能です。


愛犬の赤ちゃんをお考えの方はコチラから↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓​