トイプードルをご検討なら健康な育成を目指すブリーダーといぷーはうすへ
TEL 0800-111-8611 ハローワンワンメールでのお問い合わせ

トイプードルをご検討ならといぷーはうす
TEL 0800-111-8611 ハローワンワンメールでのお問い合わせ

子犬選びのポイント ~ 犬質 ~

犬質

一口に犬の質といっても様々な観点があります。そもそも犬質の良し悪しは、ペットとしての美観を人間の都合によって作られた基準であることから、生物学的な意味合いでの質とは異なる観点で評価されます。
ペットとしての一般的な質の基準は、スタイルのバランスやくっきりとしたアイライン、鼻の色の濃さ、毛色の濃さ、退色の月齢などを多岐にわたります。
単にペットとして可愛がるのであれば、これらの基準にはあまりこだわる必要はありません。健康で愛嬌のある子犬であれば十分に癒してくれることでしょう。
しかしそうは言っても、「うちの子が一番」と自慢したくなるのも事実です。その優越感を満たしてくれるような可愛くてきれいな子犬を求めるオーナー様も少なくありません。
また、子犬の価格設定には、明確な基準や相場は存在しません。子犬の販売をしているショップやブリーダーの私的基準によって大幅に異なります。
同一の子犬であっても10万円と評価するところから40万円と評価するところも存在するのが実状です。
以下に記載したペット業界の常識的な犬質の考え方を理解することで、高すぎる買い物をしない一助とはなるでしょう。

 

毛量・毛質

質の高いプードルの条件は、まず、毛量が豊かであること。
トイプードルは様々なカットにより表情を変えられることもファンが多い要素であることから、毛量は質の高さの大きなウェイトを占めます。
毛量が多いことで自由に好みのカットスタイルを楽しめることになります。
毛量は、子犬のうちから判断できます。2か月頃になるとムクムクの子犬らしい毛並みになるので、毛量の多い子犬は一層可愛らしさが引き立ちます。
毛量が少ないと地肌が透けて見えたり、フワフワしたトイプードル特有の愛らしさが出ないことからあまり人気が無く、販売価格も安価になる傾向があります。
毛量は、生後30日程度で明確に判別できるようになります。オーナー様にお披露目する56日程度になれば、簡単に違いが分かります。毛量の多い子犬はフワフワ丸々として、遊んでいる姿も毛玉が跳ね回っているようでとても愛らしくみえます。
ワクチンが終了するまでの4ヶ月程度までは全身をトリミング(カット)をしていないのが一般的です。子犬の毛はあまりカールしていないため、毛量が分かり易く毛が短めに見える子犬は、毛量が少ないといえます。毛量が豊かなほど質が高く販売価格も高額になる傾向があります。
また、5か月程度まで成長すると成犬の毛が生え変わってきます。毛質のタイプはカーリー(巻き毛)コーテッド(縄上)に分けられます。現在はカーリータイプが殆どでコーテッドタイプはほとんど見かけません。
カーリータイプも様々で、名の通りカーリーヘアのように巻の細かい子から緩めのウェーブのような子まで個体差があります。巻の強弱は犬質にはあまり影響しません。
毛質も様々で、綿毛のように柔らかい子やしっかりと張りのある子もいます。毛艶が良いときれいで見栄えがしますが、質の点ではあまり需要視されていません。
毛質は、食やケアの仕方によって大きく変わってきます。

色素

鼻の色素が濃くはっきりしている事がポイントです。
鼻の色素が薄い、あるいは鼻周りに色素の薄いところが無いかを確認します。見た目にも鼻や目が真っ黒でハッキリしている方が可愛らしく見えることから、業界内では色素が薄い犬を
「レバー(のような茶褐色の意)」と呼び、質が良くない犬とされています。
色素がハッキリしないと目鼻立ちがぼんやりして見え可愛らしさが引き立たないため、あまり人気が無いことから質が良くないと判断しますが、健康状態には問題ありません。
但し、人気が無い点から繁殖には不向きといえます。
色素も遺伝的な要因が大きいといえますが、毛色の濃さと肌色素の濃さは全く違った遺伝因子であるため、相関性はありません。毛色が濃くても肌色素の薄い子は、多数存在します。
例外的に毛色がブラウンのトイプードルのほとんどは、肌色素は薄めですがそれ自体がスタンダードであり、肌色素が薄い事でブラウンの質が悪いとの評価基準ではありません。

ミスカラー

体毛の一部に500円玉大以上の他の色(主に白)が混じっていると「ミスカラー」として質が悪いと考えられています。代々にわたり同系色を交配しているとミスカラーは出にくく、退色も少ない傾向であるといわれています。
稀にミスカラーを「パーティーカラー」と表示して販売している例がありますが、本来のパーティーカラーは、ホワイトがベースとなって耳がブラウンなどハッキリしたコントラストをもっている犬を指し、国内では希少であり、比較的高額で取引されていることが多く、通常のカラーと同等以下のプライス表示の場合、避けた方が賢明です。
カラーの劣性遺伝については、かなり明確に学術理論があります。(詳しくは毛色の項をご参照ください。)

一般に胸や足先が白いミスカラーの場合、価格は半減するのが普通です。ミスカラーの出る場所によっては、愛らしいワンポイントになることもあり一概に避けることはありません。但し、将来交配を考えている場合は、子犬に遺伝することで、貰い手がつかないなどのリスクがあるため、あまりお勧めしません。
生物学的には全く問題はありません。従って健康診断では欠点としての診断はされません。 シルバーなど特殊な毛色の場合、子犬のうちは全身真っ黒でブラックと見分けがつきにくいのですが、足の裏やおなかにわずかにシルバーの毛が確認できます。これらはミスカラーではありません。

骨格

骨が太くしっかりしている方が良いとされています。人間同様トイプードルもスタイルは個体差があります。細身で手足が長いタイプやずんぐりしたドワーフタイプなど様々です。
これらの特徴は子犬の頃から現れますので、ブリーダーに質問してみると傾向を教えてもらえるはずです。
ドッグショーに出すつもりがなければ、スタイルは好みのタイプを選択しても問題はないでしょう。
トイプードルの犬種特性として膝蓋骨(ヒザ関節)が脱臼しやすい構造となっています。階段やソファーから飛び降りる程度でも脱臼してしまうことがあります。
また、いつも滑りやすい床で生活させていると無意識に踏ん張ることで、知らず知らずのうちに膝蓋骨に負荷をかけてしまい発症しやすくなることがあります。
子犬の頃から、平らな広い場所で自由に走らせるなど筋力をつけることで、ある程度は予防できます。詳しくは後述(怪我、疾病-パテラ膝蓋骨脱臼参照)しますが、あまり関節が弱い場合、健康診断で欠点として診断されます。

噛み合わせ

ペットとしてはおおむね問題ないのですが、上の前歯が出ていると「オーバー」と言い、下あごが出ていると「アンダー」と言います。顕著なオーバーの場合いつも舌が出ている犬もいます。愛嬌と考えられなくもないですが、当然、正常な噛合せが望ましいとされています。

ミスカラーと同様の理由で噛合せの欠点が顕著である場合、繁殖には不向きといえます。

人間の出歯やしゃくれあごで噛合せが悪いことと同様です。おおむね生活や健康には影響しませんが、歯並びが悪いと歯垢がたまりやすく歯槽膿漏になりやすいなどの欠点があります。
授乳期の環境や成長過程で一過性の噛合せ不合の場合は、成長にしたがって自然に改善される例もあります。噛合せが悪い場合、健康診断では欠点として診断されます。

また、子犬は、おおむね6から7ヶ月頃になると乳歯が抜け落ち、永久歯が生えてきます。この頃になると歯がうずくため、いろいろなものを咬みたがるようになります。
部屋の壁や家具を咬むのもこの時期が一番多くなります。只、この時期に咬むことを制限すると乳歯がきれいに抜け落ちないまま、永久歯が生えてくることがあります。
人間でいう八重歯のような歯並びになってしまう恐れがあるため、咬ませるためのおもちゃを与えておくことが必要です。この時期は、時折歯並びを確認し、乳歯が抜け落ちていない状況で永久歯が生えてきた場合、乳歯を抜歯することをお勧めします。

コンディション

被毛が汚れている子犬は論外ですが、日ごろから充分なケアがなされ、コンディションが整っているかを判断する要素として、耳の中がきれいかどうか、爪は伸びていないか、足の裏の毛がカットされているかなどをチェックすることもヒントになります。トイプードルはたれ耳の犬種であるため、耳が蒸れやすくケアを怠ると耳垢が溜まり悪臭のもととなります。
ケアが悪いと耳ダニやその他の感染症をもっている可能性が高まります。愛情を持って飼育繁殖を行っているブリーダーは子犬が病気にかからないよう配慮しているため、これらのケアの度合いは、そのブリーダーの質の尺度となるのです。
一般の方でも一番分かり易いのは、元気であるかどうかでしょう。子犬はいたずら好きで遊ぶのが大好きです。元気に飛び回っているか、小さなしっぽがちぎれそうなほど尾を振っているかなど健康そうにしていることは必須条件となります。


 

 

子犬選びのポイント ~ 犬質 ~

20150626190939

◆愛犬マタニティーセンター◆
とは?

お客様の愛犬と、といぷーはうすの可愛いパパ犬との赤ちゃんを誕生させたい方のために作りました(※有料となります)

もう1頭トイプードルがほしいけれど、せっかく迎えるなら愛犬が生んだ孫プードルちゃんを抱いてみたい!というたくさんの声を受けて誕生しています。

※交配は血統証をお持ちのトイプードルに限りお受けしております。
他犬種との交配はは行っておりませんので予めご了承下さい。

トイプードル専門犬舎ならではの専門技術と着床率で愛犬にとって安心安全な上、交配は第三者に任せることなく全てといぷーはうすの犬舎内で完結しますので、オーナー様にも安心です。

出産というデリケートなイベントだからこそ、トイプードル一筋のといぷーはうすにお任せ下さい。


といぷーはうすの看板犬ルイ、アンリ、プリンスなどのとってもキュートなマイクロティーカッププードルのパパがずらりお出迎え致しますので、その中からお好みのワンちゃんを選んで頂けます。

​パパたちは毎日といぷーはうすの犬舎で一緒に過ごしている完全な自社所有ですので、一緒に過ごしているからこそ分かる身体的特徴や遺伝要素、性格、過去の子犬の容姿傾向など、細やかなアドバイスが可能です。

また、いつでも犬舎にお越しいただき、会って頂くことが可能です。


愛犬の赤ちゃんをお考えの方はコチラから↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓​