トイプードルをご検討なら健康な育成を目指すブリーダーといぷーはうすへ
TEL 0800-111-8611 ハローワンワンメールでのお問い合わせ

トイプードルをご検討ならといぷーはうす
TEL 0800-111-8611 ハローワンワンメールでのお問い合わせ

トイプードルの基礎知識 ~ 感覚器官~

トイプードル(犬種を問わず犬)の感覚機能は、人間と同じように五感があります。 人間の場合、視覚から80%以上の情報を集めているといわれています。 犬は、嗅覚40%、聴覚30%、視覚20%、その他10%の順位で情報を集めています。犬はこれら感覚器官の有意差により人間とは大きく違った世界を生きています。これらの違いを理解することで犬の世界を少し理解することで正しい接し方を考えてみましょう。
 

嗅覚

犬にとって一番重要な感覚機能で、最も多くの情報を臭覚から得ています。人の臭細胞は約500万個といわれますが、犬の臭細胞は2億2000万個とわれ、能力は人のおよそ100万倍以上あると言われています。人は、犬の嗅覚を活用し、狩猟や警察犬、麻薬犬などの探索、追跡ができる捜査犬として育ててきました。
犬は、匂いをかごうとする意思を持たなければ脳に情報を伝えることはなく、臭覚が優れているからといって嫌な臭いに悩まされることはありません。
また、犬が記憶したり追跡したりするときには、複数の匂いの混合臭で認識しています。
人間の汗の成分である塩分、尿酸、脂肪酸などの比率は、感情により微妙に変化しています。喜怒哀楽でそれぞれ違った匂いを発している訳です。犬はその違いを正確にかぎわけることができます。
特に怒り、恐怖、不安、憎しみなどの強い感情に伴う匂いについては、敏感に反応する特性があることから警察犬としての活用が可能となっています。
飼主が怒っている、知らない人が自分(犬)を怖がっているなどの感情を匂いで判断している訳です。
人間が視覚により表情から感情を受け取るように犬にとっての臭覚は計り知れない情報を得る感覚器官なのです。

聴覚

人の聞こえる周波数は16~2万ヘルツ、犬は65~5万ヘルツを聞き取れます。人が聞こえない高音域まで聞き取れる訳です。人間の声は200~4000ヘルツ程度といわれています。犬は、高音域に反応するため、男性よりも女性の高い声を好むとも言われています。犬にとって人間の声は、籠った音に聞こえるようで、飼主を声で認識することはできないようです。
聴力は、人の16倍も敏感で遠いところのかすかな音も聞こえています。人間の4倍の距離の音を聞き分けるといわれています。音の方向を判断する力は人間が16方向なのに対し32方向と約2倍です。
時折、首をかしげた可愛らしい仕草をしますが、これは音源定位地能力(音源の方位や距離を知覚する能力)で右左の耳の位置を変えることで正確に音源を探ろうとしている時の仕草です。
突然、誰もいない方向や壁に向かって吠えだすことがありますが、遠くの音や人間には聞き取れない高音域の音に反応しているようです。
しつけの際、あるいは叱るときは、短くハッキリとしたコマンドで指示するのは、犬の聴覚の特性の上で重要な要素です。また、長い言葉で叱っても雰囲気を感じ取るだけで理解できないためしつけになりません。
しつけのコマンドは、「ダメ」「ヨシ」「NO」など短く理解しやすい単語が有効です。
 

視覚

犬の目の水晶体の厚さは人間の倍ほどもあるので、遠くのものにしか焦点を合わすことができません。視神経も人間が120万に対して犬は17万しかありません。飼主を見分けるのは顔を認識しているのではなく、動きや匂いで判別します。一方、動体視力は非常に高く、動くものを捉える能力に長け、視野も人間よりはるかに広く220~250度程あると言われています。暗闇においては、虹彩が発達しており瞳孔を調整し、わずかな光でも認識できます。虹彩が発達していることで、犬の瞳は白目が少なく黒目勝ちの可愛らしい目に見えるのです。
また、色の識別についてはできないと言われていましたが、最近は数色で見えるという説が有力となっています。
人間の網膜には、色を感じる細胞(錐状体)があるため、複雑な色を識別できます。錐状体には、波長の異なる青、緑、オレンジに反応する3種類があります。
これが同時に働くことで、脳内では7色を再現できています。
犬の網膜は、錐状体が極めて少なく、錐状体は青と黄色にしか反応できないため、色の識別は2色とその中間色に限られているといわれています。赤や緑は識別することができません。
目の前のおもちゃをみつけられずにグルグル回っているのは、あまり色の認識ができないこと、犬は、70㎝以内のピントを合わせることができないことによります。近くにあるものが良く見えないため、目の前に物を置いても認識できないことがあります。コミュニケーションを取る際にこれらのことを理解してあげることが重要です。
 

味覚

犬の味覚を感じる細胞は人間の6分の1ほどで、味覚には鈍感です。犬の歯を見ると人間のような臼歯はなく、裂肉歯しかありません。犬は食物をよく噛んで味わうのではなく、食べ物を呑み込める大きさに引き裂き、丸飲みするための解剖学的構造になっているのです。自然界で悠長によく噛んで味わっていたら外敵や仲間に餌をとられてしまうためといわれています。ただ、甘みはわりと感じやすく、甘いものが好きな犬は多くいるようです。匂い、食感、味、見た目の順でおいしさを感じていると言われています。
ウォルサム・ペット栄養学センター(イギリス)によると飼主の手で直接与えた食べ物は、おいしく感じるとの結果を発表しています。食欲不振の犬には、飼主が自分の手で直接食べさせるとよく食べることがあります。

参考
新奇恐怖症=(ネオフォビア)
犬は病気や怪我をしたときや環境が変わったときなどに、食べ物に口を付けなることがあります。新奇恐怖症と呼ばれるこの症状は、慣れない環境下において毒性のあるものを誤食しないため、本能的な反応であると共に、親の庇護であった幼い頃の食べ物へ回帰しようとする反応です。突然、食欲不振になった際は、病気、怪我、環境変化が原因の場合があります。

触覚

犬の触覚は、五感の中で最も早熟といわれ、生後間もない子犬は、目も見えず臭覚も発達していませんが、触覚に対応する脳の部位は既に有髄化(神経が成熟している状態)していると言われています。常に母犬のそばで外敵から身を守るためやはぐれてしまわないようにするためだと考えられています。
成長してくると、鼻先、しっぽ、耳、足先など触覚は末端にいくほど敏感になってゆきます。特に鼻やマズルの周辺は感覚神経が集まり、非常に鋭い感覚を持っています。触覚情報に関連する脳の領域の40%近くが顔周辺の神経領域となっている程です。ひげを含む上顎部分からの情報量が圧倒的でひげ1本1本に対し脳内の専用領域を発見できたとも言われます。
敏感な場所をとつぜん強く触ったりするとびっくりするので注意が必要です。逆に耳の付け根、背中、胸などは、撫でられると喜びます。痛みに対しては鈍感なので、ケガをしても気づかずにいることもあります。
 

冷覚

犬は、寒さに強く、寒冷地生まれのシベリアンハスキーやアラスカンマラミュートなどの長毛種の場合、-20℃でも丸まって眠ることができると言われます。ただし全ての犬が寒さに強いわけではなく、短毛種、子犬、老犬などは寒さに弱いため、温度管理が必要となります。
また、室内犬は、人間の生活環境に順応しているため、寒さに弱くなり、人間の適温になれている場合が多く、本来の冷覚を失っているといわれます。
特に幼齢犬は、十分に体温調整ができないこともあり、親兄弟とくっつき合っていた状態から家庭に迎えられ一頭になると低体温症になる恐れがあります。トイプードルの場合、月齢3ヶ月あるいは体重が1㎏に満たない子犬は、最低でも25℃を下回らないように管理することが望ましいでしょう。

 

温覚

犬の皮膚感覚は、熱さをほとんど感じないといわれます。皮膚がやけどを起こし、痛みが発生しない限り熱さには鈍感です。
冷蔵庫の裏に入って低温やけどをするなどの事故は、熱に対して鈍感だからといえます。暖房器具などの火器には十分な注意が必要です。
但し、暑さには弱い体質です。これは汗腺(汗をかく器官)がほとんどないため、汗が蒸発するときの気化熱によって体温を下げることができないことによります。
小型犬の体温(平熱)は、37.6~38.2℃で、人間より2℃ほど高いことになります。暑さで体温が高くなると冷たい場所でおなかを冷やす、舌を出してハーハー呼吸すること(パンティング)により気化熱で体温を下げます。
夏の暑い時期は、熱中症に掛からないよう室温調整をする必要があります。



トイプードルの基礎知識 ~ 感覚器官~

20150626190939

◆愛犬マタニティーセンター◆
とは?

お客様の愛犬と、といぷーはうすの可愛いパパ犬との赤ちゃんを誕生させたい方のために作りました(※有料となります)

もう1頭トイプードルがほしいけれど、せっかく迎えるなら愛犬が生んだ孫プードルちゃんを抱いてみたい!というたくさんの声を受けて誕生しています。

※交配は血統証をお持ちのトイプードルに限りお受けしております。
他犬種との交配はは行っておりませんので予めご了承下さい。

トイプードル専門犬舎ならではの専門技術と着床率で愛犬にとって安心安全な上、交配は第三者に任せることなく全てといぷーはうすの犬舎内で完結しますので、オーナー様にも安心です。

出産というデリケートなイベントだからこそ、トイプードル一筋のといぷーはうすにお任せ下さい。


といぷーはうすの看板犬ルイ、アンリ、プリンスなどのとってもキュートなマイクロティーカッププードルのパパがずらりお出迎え致しますので、その中からお好みのワンちゃんを選んで頂けます。

​パパたちは毎日といぷーはうすの犬舎で一緒に過ごしている完全な自社所有ですので、一緒に過ごしているからこそ分かる身体的特徴や遺伝要素、性格、過去の子犬の容姿傾向など、細やかなアドバイスが可能です。

また、いつでも犬舎にお越しいただき、会って頂くことが可能です。


愛犬の赤ちゃんをお考えの方はコチラから↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓​