トイプードルをご検討なら健康な育成を目指すブリーダーといぷーはうすへ
TEL 0800-111-8611 ハローワンワンメールでのお問い合わせ

トイプードルをご検討ならといぷーはうす
TEL 0800-111-8611 ハローワンワンメールでのお問い合わせ

留守がちな環境での飼育について

犬は、群れで生活する動物です。基より孤独が嫌いな動物です。欲を言えば、多頭飼いすることで、さみしさが解消されるため、留守番の際、ストレスを感じにくくなるようです。環境が許すならば、多頭飼いをお勧めします。具体的には、出かける前にゲージに入れて15分程度、帰宅してから15分程度は、犬と目を合わせたり声をかけることをしないようにします。特に帰宅後は、喜んで騒いでいる間は目を合わせず相手をしません。あきらめて大人しくなったら、ゲージから出し遊んであげます。この時を餌の時間として餌をあげるのも効果的です。

留守番させる際は、必ずゲージに入れて置くようにします。特に子犬のうちは、いたずらをする頻度も高いため、電気コードをかじって感電するなどの不慮の事故から子犬を守るためにも無人の室内で自由にさせることは避けた方が無難です。
最初は、ゲージに入れられると飼主が出かけてしまうことを認識し、可愛そうに思えるほど鳴いたり騒いだりします。騒がなくなるまで根気よく繰り返すことが必要となります。
騒がなくなれば、状況を受け入れたこととなり、帰宅時間まで大人しく待っていることができるようになります。

管理の上で、気を付けることは、留守中に水の器をひっくり返してしまい飲み水が無くなってしまうことがないようにノズルタイプの給水器を設置する。食の細い子の場合、フードを食べられるように置いておくなどの配慮が必要です。また、夏冬の室内の温度管理のため、空調やペット用ヒーターを使って環境を整えて下さい。

お一人暮らしやご夫妻で仕事をお持ちのご家庭の場合、犬を長時間にわたり留守番させることとなります。不在が多い環境で犬を飼う場合の留意点は、まず、生後90日以降のある程度体力がついてきた月齢の子犬をお迎え頂くのが望ましいでしょう。幼ければ幼い程、体力が無く、些細な原因から低血糖や脱水をおこし、発見が遅くなれば致命的となる場合もあります。日常的に監督することができない場合、幼い子犬を迎えるのは不向きといえます。
気に入った子犬の月齢が幼い場合、ある程度までブリーダーに預け、お迎えまでの日取りを調整するなどの相談してみると良いでしょう。

また、長時間の留守番は、犬にとってストレスとなります。出かける前や帰宅後の十分なコミュニケーションを心がける必要があります。個体の性格によりストレスが大きい場合、分離不安を起こす場合さえあります。対策としては、ハウストレーンングをしっかりと行うことが必要です。この場合のハウストレーニングは、飼主がいない時は、ゲージに入っていることが普通であると受け入れさせるのですが、そもそも犬にとって飼主と離れていること自体が嫌なこと(寂しい)なので、あきらめさせるためのトレーニングとなります。留守番することを受け入れさせることで、不要なストレスを感じさせないようにするための効果を得るためのものです。


留守がちなご家庭での飼育についての注意

20150626190939

◆愛犬マタニティーセンター◆
とは?

お客様の愛犬と、といぷーはうすの可愛いパパ犬との赤ちゃんを誕生させたい方のために作りました(※有料となります)

もう1頭トイプードルがほしいけれど、せっかく迎えるなら愛犬が生んだ孫プードルちゃんを抱いてみたい!というたくさんの声を受けて誕生しています。

※交配は血統証をお持ちのトイプードルに限りお受けしております。
他犬種との交配はは行っておりませんので予めご了承下さい。

トイプードル専門犬舎ならではの専門技術と着床率で愛犬にとって安心安全な上、交配は第三者に任せることなく全てといぷーはうすの犬舎内で完結しますので、オーナー様にも安心です。

出産というデリケートなイベントだからこそ、トイプードル一筋のといぷーはうすにお任せ下さい。


といぷーはうすの看板犬ルイ、アンリ、プリンスなどのとってもキュートなマイクロティーカッププードルのパパがずらりお出迎え致しますので、その中からお好みのワンちゃんを選んで頂けます。

​パパたちは毎日といぷーはうすの犬舎で一緒に過ごしている完全な自社所有ですので、一緒に過ごしているからこそ分かる身体的特徴や遺伝要素、性格、過去の子犬の容姿傾向など、細やかなアドバイスが可能です。

また、いつでも犬舎にお越しいただき、会って頂くことが可能です。


愛犬の赤ちゃんをお考えの方はコチラから↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓​